大橋 巨泉

(オオハシ・キョセン)
大橋 巨泉(おおはし きょせん、1934年(昭和9年)3月22日 - )は、日本のタレント(テレビ番組司会者、ラジオパーソナリティ)、放送作家、エッセイスト、評論家(競馬評論家、音楽評論家、時事評論家)、馬主、元政治家(参議院議員)、実業家・芸能プロモーター(オーケープロダクション=旧:大橋巨泉事務所創業者・元取締役会長兼エグゼグティブタレント、オーケーギフトショップグループ取締役社長)。オーケーエンタープライズ所属。 本名:大橋 克巳(おおはし かつみ)。芸名の「巨泉」は元々は自身の俳号である。多くの芸能人や関係者が「巨泉」「巨泉さん」と呼び、「大橋(さん)」と呼ばれることは皆無に近い。MBS・TBS『世界まるごとHOWマッチ』では「巨ちゃん」と呼ばれたことがある。 プロフィール ジャズ司会者 東京府東京市本所区(現:東京都墨田区)両国生まれ。千葉県に育つ。祖父は江戸切子の名人・大橋徳松(岐阜県出身)。実家は両国でカメラの部品製造・小売を生業とする「大橋商店」を経営していた。同じく実家がカメラ屋の萩本欽一とは店同士取引があり、幼い萩本と大橋はその当時からの知り合いである。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

大橋 巨泉の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ゲバゲバ人生 わが黄金の瞬間 (講談社+α文庫)



講談社 2016-07-29
テレビが一番面白かった時代、いつも中心にはこの人がいた。『11PM』『ゲバゲバ90分!』『クイズダービー』『世界まるごとHOWマッチ』……。数々のヒット番組の裏側、有名人との交流、そして突然のセミ・リ

大橋巨泉「第二の人生」これが正解! 人生80年時代「後半生」を楽しく生きるための10の選択


グレイプス 編集 /
小学館 2013-04-05
リタイア後の人生は自由に楽しく生きよう!大橋巨泉氏は人気タレントとして絶頂期だった50歳代半ば、突然「セミリタイヤ」を宣言、すべてのレギュラー番組を降板し、表舞台から姿を消しま

人生が楽しくなる絵画の見かた



ダイヤモンド社

奇妙な果実?ビリー・ホリデイ自伝 (晶文社クラシックス)


油井 正一 翻訳 /大橋 巨泉 翻訳 /
晶文社

奇妙な果実―ビリー・ホリデイ自伝


油井 正一 翻訳 /大橋 巨泉 翻訳 /
晶文社


大橋 巨泉の著書を検索する

大橋 巨泉の関連ニュース


大橋 巨泉のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、大橋 巨泉と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「大橋 巨泉」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.