大石 静

(オオイシ・シズカ)
大石 静(おおいし しずか、1951年9月15日 -)は、日本の脚本家、エッセイスト、作家、女優。東京都出身。日本女子大学文学部国文科卒業。 来歴・人物 1974年、日本女子大学卒業後、女優を志し青年座研究所に入所。24歳の時には甲状腺癌を発病し、その後間もなく舞台監督の男性と結婚。 宮川一郎に師事。1981年、永井愛と2人だけの劇団「二兎社」を設立し、二人で交互に女優と脚本を担当していた。1986年に『水曜日の恋人たち 見合いの傾向と対策』で本格的に脚本家としてデビューして以降、オリジナル作品を中心に多数のテレビドラマの脚本を担当している。1991年、脚本に専念するために俳優を廃業し、二兎社を退団。 1996年、『ふたりっ子』により第15回向田邦子賞、第5回橋田賞受賞。2008年、『恋せども、愛せども』により文化庁芸術祭賞テレビ部門(ドラマの部)優秀賞受賞。2011年、『セカンドバージン』により東京ドラマアウォード2011脚本賞受賞。 舞台出身の無名な若手俳優の抜擢に定評がある。内野聖陽(『ふたりっ子』)、佐々木蔵之介(『オードリー』『ハンドク!!!』『あなたの人生お運びします!』)、堺雅人(『オードリー』)、長谷川博己(『四つの嘘』『ギネ 産婦人科の女たち』『セカンドバージン』)がその代表例で、いずれの俳優も大石作品によって全国的にその名を知られるきっかけを掴んだ。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

大石 静の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

セカンドバージン



幻冬舎 2014-02-14
中堅出版社の辣腕専務・るいは、十七歳年下の金融庁キャリア・行と出会う。彼に興味をもったるいは著書を出版し大ヒットさせ、時代の寵児にする。行には資産家の娘で子づくりにしか興味のない妻・万理江がいるが、る

コントレール~罪と恋~


大石静 その他 /
小学館 2016-05-27
大石静が描く、究極の「禁断の愛」とは!? 6年前、不幸な無差別殺人に巻き込まれ夫を失った青木文(あおきあや・45歳)は、幸せを諦めきった乾いた日々を送っていた。亡き夫と一緒に営んでいた

究極のいい女 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2013-12-13
話せば話すほど寝たくなる女は沢山いるが、寝れば寝るほど話したくなる「いい女」は少ない。そんな女を目指しているのに、なぜか「寝たくはないが、語り合うだけで楽しい女」と称されてしまう著者。世間の常識や価値

四つの嘘



幻冬舎 2014-02-14
淫乱に生きるしかない詩文。平凡に生きるしかない満希子。仕事に生きるしかないネリ。平凡に生きるはずだった美波。かつて私立女子校で同級生だった四人はそれぞれ別の人生を歩んでいたが、美波が四十一歳で事故死し

四つの嘘 (幻冬舎文庫)



幻冬舎
四つの嘘 (幻冬舎文庫) [文庫] [Jun 01, 2008] 大石 静

四つの嘘



幻冬舎


大石 静の著書を検索する

大石 静の関連ニュース


大石 静のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、大石 静と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「大石 静」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.