大岡 昇平

(オオオカ・ショウヘイ)
大岡 昇平(おおおか しょうへい、1909年(明治42年)3月6日 - 1988年(昭和63年)12月25日)は、日本の小説家・評論家・フランス文学の翻訳家・研究者。 略年譜 1909年(明治42年)3月6日 - 東京市牛込区新小川町に父・貞三郎、母・つるの長男として生まれた。父貞三郎は和歌山市近郊の農家の三男で、昇平の生まれる前年上京して、株式仲買店に勤めていた。1919年(大正8年)従兄洋吉に勧められ「赤い鳥」に童謡を投稿、入選。 1921年(大正10年)4月 - 府立一中受験に失敗。青山学院中学部に入学、キリスト教の感化を受ける。秋、母・つるが芸妓だったことを知った。1925年(大正14年)12月 - 成城第二中学校4年に編入。同級に古谷綱武、富永次郎、安原喜弘、加藤英倫らがいた。また、山口二矢の実父である山口晋平も同級である。1926年(大正15年・昭和元年)4月 - 成城中学校が7年制の成城高等学校となったため、高等科文科乙類に進学。1927年(昭和2年)9月 - アテネ・フランセの夜学でフランス語を学ぶ。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第27回 野間文芸賞 / 第3回 読売文学賞小説賞

大岡 昇平の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

中原中也詩集 (岩波文庫)


大岡 昇平 編集 /
岩波書店

中原中也詩集 (世界の詩 18)


大岡 昇平 編さん /
彌生書房

中原中也詩集 (ワイド版 岩波文庫)


大岡 昇平 編集 /
岩波書店

野火



新潮社 2013-12-27
敗北が決定的となったフィリッピン戦線で結核に冒され、わずか数本の芋を渡されて本隊を追放された田村一等兵。野火の燃えひろがる原野を彷徨う田村は、極度の飢えに襲われ、自分の血を吸った蛭まで食べたあげく、友

野火 (新潮文庫)



新潮社
敗北が決定的となったフィリッピン戦線で結核に冒され、わずか数本の芋を渡されて本隊を追放された田村一等兵。 野火の燃えひろがる原野を彷徨う田村は、極度の飢えに襲われ

恋愛論 (新潮文庫)


大岡 昇平 翻訳 /
新潮社

恋愛論(新潮文庫)


大岡 昇平 翻訳 /
新潮社 2014-04-11
恋の猟人であった著者が、苦しい恋愛のさなかで書いた作品である。自らの豊富な体験にもとづいて、すべての恋愛を「情熱的恋愛」「趣味的恋愛」「肉体的恋愛」「虚栄恋愛」の四種類に分類し、恋の発生、男女における

恋愛論 (1956年) (新潮文庫)


大岡 昇平 翻訳 /
新潮社

俘虜記 (新潮文庫)



新潮社


大岡 昇平の著書を検索する

大岡 昇平の関連ニュース


大岡 昇平のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、大岡 昇平と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「大岡 昇平」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.