大森 荘蔵

(オオモリ・ショウゾウ)
大森 荘蔵(おおもり しょうぞう、1921年8月1日 - 1997年2月17日)は、日本の哲学者。 来歴・人物 岡山県生まれ。府立一中などを経て、1944年 東京帝国大学理学部物理学科を卒業。その後1949年 東京大学文学部哲学科を卒業する。 1945年、海軍技術研究所三鷹実験所勤務。当初は物理学を志すも、科学における哲学的問題を問うため、哲学に転向。はじめ現象学などを学ぶが、満足せずアメリカに留学。ウィトゲンシュタインの哲学や分析哲学をはじめとする現代英米圏の哲学から大きな影響を受ける。 帰国後、1953年、東京大学講師に就任。さらに留学後、助教授を経て、1966年、東京大学教養学部教授(科学史・科学哲学科)。これまでの日本の哲学研究が学説研究・哲学史研究などの文献学に偏りがちだったが、「哲学とは、額に汗して考え抜くこと」という言葉のもと、60年代以降に大学で学んだ人たちに直接・間接に大きな影響を与え、野家啓一、藤本隆志、野矢茂樹、中島義道ら現在第一線で活躍中の数多くの日本の哲学者たちを育てることとなった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

大森 荘蔵の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

青色本 (ちくま学芸文庫)


大森荘蔵 翻訳 /
筑摩書房 2013-10-11
「語の意味とは何か」ーー本書はこの端的な問いかけから始まる。ウィトゲンシュタインは、前期著作『論理哲学論考』の後、その根底においた言語観をみずから問い直す転回点を迎える。青い表紙で綴じられていたために

青色本 (ちくま学芸文庫)


野矢 茂樹 解説 /大森 荘蔵 翻訳 /
筑摩書房

物と心 (ちくま学芸文庫)



筑摩書房 2015-08-28
著者は現象の背後に実在を想定する二元論の仮構を否定する。そして自らが見て触れて感じている現実世界にどっしりと足をつけ、それを超越しているかのごときものをどう捉えたらよいのか問い進めてゆく。独自の哲学「

物と心



東京大学出版会

思考と論理 (放送大学教材)



放送大学教育振興会

大森荘蔵セレクション (平凡社ライブラリー)


飯田隆 編集 /丹治信春 編集 /野家啓一 編集 /野矢茂樹 編集 /
平凡社


大森 荘蔵の著書を検索する

大森 荘蔵の関連ニュース


大森 荘蔵のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、大森 荘蔵と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「大森 荘蔵」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.