大西 巨人

(オオニシ・キョジン)
大西 巨人(おおにし きょじん、1916年(大正5年)8月20日 - 2014年(平成26年)3月12日)は、福岡県福岡市出身の小説家・評論家。本名は同じく「巨人」と書いて「のりと」。マルクス主義の立場を堅持し、唯物論的観点から個人の尊厳を創作で追究した。小説・批評のいずれにおいても、常に主体を明確にした、論理性を重んじる文体を用いている。 福岡中学、福岡高校卒業、九州帝国大学法文学部中退。毎日新聞西部本社勤務を経て、1942年対馬要塞重砲兵聯隊入隊。1946年 福岡高校の同級生であった宮崎宣久とともに綜合雑誌『文化展望』を創刊。『文化展望』に執筆した時評文が注目され、『近代文学』同人となる。上京後、1950年代前半には新日本文学会の事務局に勤務し、会の組織再編を担当しながら評論を書く。このとき、会再編の方法と野間宏『真空地帯』を論じた「俗情との結託」での作品評価をめぐって宮本顕治と論争する。 兵隊経験を基に、日本軍を舞台にした全八部約四七〇〇枚の大長編小説『神聖喜劇』を約四半世紀を費やして著す。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

大西 巨人の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

神聖喜劇〈第1巻〉 (光文社文庫)



光文社
神聖喜劇〈第1巻〉 (光文社文庫) [文庫] [Jul 01, 2002] 大西 巨人

神聖喜劇 第1巻



光文社


大西 巨人の著書を検索する

大西 巨人の関連ニュース


大西 巨人のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、大西 巨人と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「大西 巨人」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.