大野 林火

(オオノ・リンカ)
大野 林火(おおの りんか、1904年3月25日 - 1982年8月21日)は、俳人。本名は大野正(おおの まさし)。神奈川県横浜市生まれ。旧制県立横浜第一中学校、旧制第四高等学校を経て、1927年東京帝國大学経済学部を卒業。大学卒業後は日本光機工業に入社。1930年に会社を辞めて県立商工実習学校教諭となる。中学時代より鈴木三重吉や佐藤春夫の抒情詩に傾倒。俳句は中学時代の1920年、親友の荻野清(のち俳文学者となる)の父から手ほどきを受け、1921年、荻野の勧めをうけて「石楠」に入会、臼田亞浪に師事する。 1939年、句集『海門』(交蘭社)を上梓、本格的に俳人としての地位を築く。この頃より水原秋櫻子や加藤楸邨らとも積極的に交流を行う。1946年、「濱」を創刊、主宰。同年、『俳句研究』『俳句の国』の編集に携わる。1948年、教職を辞し俳句一筋の生活となる。1953年より角川書店『俳句』編集長を務める(同年11月号から1956年12月号まで)。1956年、横浜俳話会発足に参加(発起人のひとり。のちに幹事長)。 1964年、第13回横浜文化賞、1969年、第三回蛇笏賞(『潺潺集』他)、1973年、第22回神奈川文化賞受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

大野 林火の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

平凡社俳句歳時記 夏


富安 風生 編集 /
平凡社

平凡社俳句歳時記 春


飯田 蛇笏 編集 /
平凡社

平凡社俳句歳時記 秋


水原 秋桜子 編集 /
平凡社

俳句歳時記 春の部


富安 風生 編集 /井本 農一 編集 /水原 秋桜子 編集 /山本 健吉 編集 /飯田 蛇笏 編集 /大野 林火 編集 /山口 青邨 編集 /
平凡社

平凡社俳句歳時記 新年


大野 林火 編集 /
平凡社

平凡社俳句歳時記 冬


山口 青邨 編集 /
平凡社

新撰俳句歳時記 夏


大野 林火 編集 /平畑 静塔 編集 /秋元 不死男 編集 /皆吉 爽雨 編集 /安住 敦 編集 /
明治書院


大野 林火の著書を検索する

大野 林火の関連ニュース


大野 林火のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、大野 林火と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「大野 林火」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.