大塩 平八郎

(オオシオ・ヘイハチロウ)
大塩 平八郎(おおしお へいはちろう、1793年3月4日(寛政5年1月22日) - 1837年5月1日(天保8年3月27日))は、江戸時代後期の儒学者、大坂町奉行組与力。大塩平八郎の乱を起こした。 通称は平八郎、諱は正高、のち後素(こうそ)、字は子起、号は中斎。家紋は揚羽。大塩家は代々、大坂東町奉行組与力であり、平八郎は初代の大塩六兵衛成一から数えて8代目にあたる。大坂天満の生まれ。かつては平八郎が養子で阿波国の生まれとする説も存在したが、乱に関する幕府評定所の吟味書の記述などから養子である可能性は否定されている。平八郎の実の祖父・政之丞が阿波国脇町の出身で、与力大塩氏に養子に入ったことから、この祖父と混同されたと考えられる。 生涯 大坂町奉行組与力 奉行所時代は、狷介ながら汚職を嫌う正義漢として不正を次々と暴いた。特に、組違いの同僚である西町奉行与力弓削新左衛門の汚職事件では内部告発を行い、その辣腕ぶりは市民の尊敬を集めた。腐敗した奉行所内では彼を憎む者も少なからずいたが、上司の東町奉行高井実徳の応援があればこそ活躍できた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

大塩 平八郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

洗心洞箚記


松浦誠之,但馬守約 編集 /
松山堂

洗心洞詩文



船井政太郎

洗心洞詩文



船井政太郎

古本大学旁註


大塩平八郎(中斎) 編集 /
鉄華書院

日本の名著 27 大塩中斎



中央公論新社


大塩 平八郎の著書を検索する

大塩 平八郎の関連ニュース


大塩 平八郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、大塩 平八郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「大塩 平八郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.