大杉 栄

(オオスギ・サカエ)
大杉 栄(おおすぎ さかえ、大杉榮、1885年(明治18年)1月17日 - 1923年(大正12年)9月16日)は、思想家、作家、ジャーナリスト、社会運動家。 明治・大正期における日本の代表的なアナキストである。大逆事件の後にマルクス主義者の中で優勢になったアナ系の大立者であったために危険視され、関東大震災直後、憲兵隊司令部で不慮の死を遂げる。(甘粕事件) 自由恋愛論者で、居候中に堺利彦の義妹堀保子を強引に犯して結婚する。当時、保子は深尾韶と婚約していたがこれは破棄された。だが、栄は保子と入籍せず、神近市子に続き、伊藤野枝とも愛人関係となって、野枝は長女魔子を身ごもった。女性達からは常に経済的援助を受けていたが、野枝(とその子供)に愛情が移ったのを嫉妬した市子によって刺された日蔭茶屋事件では大杉は瀕死の重傷を負った。 その後、保子と離別、市子は入獄したので、野枝と家庭を持つが、依然として入籍はせず、次女エマ、三女エマ、四女ルイズ、長男ネストルをもうけた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

大杉 栄の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

〈新装〉増補修訂版 相互扶助論


大杉 栄 翻訳 /
同時代社

大杉栄全集〈第8巻〉


大杉栄全集編集委員会 編集 /
ぱる出版

大杉栄全集 (第8巻)



日本図書センター

自叙伝・日本脱出記 (岩波文庫)


飛鳥井 雅道 監修 /
岩波書店

大杉栄全集 (第3巻)



日本図書センター

大杉栄全集〈第3巻〉


大杉栄全集編集委員会 編集 /
ぱる出版

大杉栄獄中記 (大杉栄ペーパーバック)


大杉 豊 監修 /
土曜社

大杉栄獄中記



土曜社 2013-11-06
東京外語大を出て8か月で入獄するや、看守の目をかすめて、エスペラント語にのめりこむ。英・仏・エス語から独・伊・露・西語へ進み、「一犯一語」とうそぶく。生物学と人類学の大体に通じて、一個の大杉社会学を志

大杉栄自叙伝


大杉 豊 解説 /
土曜社


大杉 栄の著書を検索する

大杉 栄の関連ニュース


大杉 栄のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、大杉 栄と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「大杉 栄」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.