太田 蘭三

(オオタ・ランゾウ)
太田 蘭三(おおた らんぞう、1929年(昭和4年)4月19日 - 2012年(平成24年)10月22日)は日本の小説家。 三重県鈴鹿市出身。本名・太田等。三重県立津高等学校を経て中央大学法学部卒。 同人誌「新表現」を経て1956年に太田瓢一郎の名で時代小説でデビュー。58年から63年まで時代ものの単行本の刊行を続けたが、以後単行本の刊行は止まり、長年続けてきた登山と釣りの経験を生かし、釣り雑誌にエッセイや小説を連載していたが、1978年に太田蘭三の新しい筆名で『殺意の三面峡谷』を刊行して再デビュー、山岳推理の新境地を開拓した。 『釣部渓三郎』シリーズが人気があり、ほかに『顔のない刑事』シリーズ、『北多摩署純情派』シリーズや、映画化された『死に花』など。 2012年10月22日死去。83歳没。 著書 太田瓢一郎名義 (改題は太田蘭三名義) 無宿大名 小説刊行社、1958 「無宿若様剣風街道」祥伝社文庫 鍔鳴り素浪人 小説刊行社 1958 浪人若さま参上 小説刊行社 1959 あばれ若君 小説刊行社 1959 旅に出た若様 小説刊行会 1960 退屈ざむらい 小説刊行社 1960 「旗本けんか侍」祥伝社文庫 浪人鴉 小説刊行社 1960 「傘張り侍恋情剣」 わんぱく侍 小説刊行社 1960 やくざ若様 小説刊行社 1961 「若様侍政太郎剣難旅」祥伝社文庫 将棋若様 小説刊行社 1961 「若様侍隠密行」祥伝社文庫 べらんめえ侍 金四郎行状記 三洋出版社 1961 はだか侍 金四郎行状記 三洋出版社 1961 「遠山金四郎女難旅」 若さま用心棒 三洋出版社 1961 「真三郎捕物帖」 浪人長屋 三洋出版社 1961 「幽四郎仇討ち帖」 悪太郎江戸を行く 青樹社 1962 さむらい無情 青樹社 1962 直参一本刀 青樹社 1963 士道残酷帖 青樹社 1963 太田蘭三名義 殺意の三面峡谷 渓流釣り殺人事件 祥伝社 1978 (ノン・ノベル) のち角川文庫、祥伝社文庫 脱獄山脈 祥伝社 1978 (ノン・ノベル) のち角川文庫 三人目の容疑者 祥伝社 1979 (ノン・ノベル) のち角川文庫 顔のない刑事 祥伝社 1979 (ノン・ノベル) 誘拐山脈 祥伝社 1980 (ノン・ノベル)のち角川文庫 奥多摩殺人渓谷 祥伝社 1980 (ノン・ノベル) のち角川文庫、講談社文庫 尾瀬の墓標 顔のない刑事・単独行 祥伝社 1981 (ノン・ノベル) 殺意の北八ヶ岳 祥伝社 1981 (ノン・ノベル) のち角川文庫、講談社文庫 白の処刑 角川ノベルズ 1982 のち文庫、講談社文庫 浪人釣り師 大江戸必殺剣 広済堂出版 1982 「浪人釣り師今昔」角川文庫 殺人幻想曲 角川ノベルズ 1982 のち文庫、講談社文庫 赤い雪崩 穂高殺人事件 講談社ノベルス 1982 のち文庫 ネズミを狩る刑事 角川ノベルズ 1983 「殺人円舞曲」文庫、原題、光文社文庫 赤い渓谷 顔のない刑事・追跡行 祥伝社 1983 (ノン・ノベル) 破牢の人 講談社ノベルス 1984 のち文庫、光文社文庫 一匹竜の刑事 顔のない刑事・決死行 祥伝社 1984 (ノン・ノベル) 餓鬼岳の殺意 講談社ノベルス 1985 のち文庫、光文社文庫 夕焼け小焼けで殺されて 角川ノベルズ1985 のち文庫、光文社文庫 蝶の谷殺人事件 顔のない刑事・脱出行 祥伝社 1986 (ノン・ノベル) 南アルプス殺人峡谷 講談社ノベルス 1986 のち文庫、光文社文庫 木曽駒に幽霊茸を見た 講談社ノベルス 1987 のち文庫、光文社文庫 闇の検事 祥伝社 1987 (ノン・ノベル)のち講談社文庫 断罪山脈 顔のない刑事・潜入行 祥伝社 1987 (ノン・ノベル) 殺意の朝日連峰 講談社ノベルス 1987 のち文庫、光文社文庫 葦が泣く 平手造酒異聞 講談社 1988 のち文庫 高嶺の花殺人事件 角川ノベルズ 1988 のち文庫、講談社文庫 逃げた名画 顔のない刑事・密捜行 祥伝社 1989 (ノン・ノベル) 寝姿山の告発 講談社ノベルス 1989 のち文庫、光文社文庫 潜行山脈 顔のない刑事・突破行 祥伝社 1989 (ノン・ノベル) 鮫と指紋 顔のない刑事・特捜行 祥伝社 1990 (ノン・ノベル) 謀殺水脈 講談社ノベルス 1990 のち文庫、光文社文庫 密殺源流 講談社ノベルス 1990 のち文庫、光文社文庫 殺人雪稜 講談社ノベルス 1991 のち文庫、光文社文庫 恐喝山脈 顔のない刑事・極秘行 祥伝社 1991 (ノン・ノベル) 美人容疑者 顔のない刑事・特捜介入 祥伝社 1992 (ノン・ノベル) 失跡渓谷 講談社ノベルス 1992 のち文庫、光文社文庫 殺人猟域 北多摩署純情派シリーズ 光文社 1992 (カッパ・ノベルス) のち文庫、講談社文庫 緋い鱗 顔のない刑事・緊急指令 祥伝社 1993 (ノン・ノベル) 夜叉神峠死の起点 光文社 1993 (カッパ・ノベルス) のち文庫、講談社文庫 仮面の殺意 釣部渓三郎シリーズ 講談社ノベルス 1993 のち文庫 富士山麓悪女の森 顔のない刑事・潜伏捜査 祥伝社 1994 (ノン・ノベル)のち文庫 箱根路、殺し連れ 北多摩署純情派シリーズ 光文社 1994 (カッパ・ノベルス) のち文庫 被害者の刻印 釣部渓三郎シリーズ 講談社ノベルス 1994 のち文庫 待てば海路の殺しあり 角川ノベルズ 1995 のち文庫、講談社文庫 密葬海流 顔のない刑事・内偵指令 祥伝社 1995 (ノン・ノベル) のち文庫 殺人熊 北多摩署純情派シリーズ 光文社 1995 (カッパ・ノベルス)のち文庫 遭難渓流 講談社ノベルス 1996 のち文庫 発射痕 顔のない刑事・囮捜査 祥伝社 1996 (ノン・ノベル) のち文庫 殺・風景 北多摩署純情派シリーズ 光文社 1997 (カッパ・ノベルス)のち文庫 消えた妖精 顔のない刑事・追走指令 祥伝社 1997 (ノン・ノベル)のち文庫 摩天崖 警視庁北多摩署特別出動 祥伝社 1998 (ノン・ノベル)のち文庫 殺人理想郷 北多摩署純情派シリーズ 光文社 1999 (カッパ・ノベルス)のち文庫 遍路殺がし 釣部渓三郎シリーズ 講談社ノベルス 1999 のち文庫 緊急配備 顔のない刑事・隠密捜査 祥伝社 2000 (ノン・ノベル)のち文庫 虫も殺さぬ 北多摩署純情派シリーズ 光文社 2000 (カッパ・ノベルス)のち文庫 口唇紋 北多摩署純情派シリーズ 光文社 2001 (カッパ・ノベルス) のち文庫 死に花 角川書店 2003 のち文庫 蛇の指輪 顔のない刑事・迷宮捜査 祥伝社 2004 (ノン・ノベル) のち文庫 袈裟斬り怪四郎 祥伝社文庫 2005 斧折れ 警視庁北多摩署特捜本部 光文社 2005 (カッパ・ノベルス) 首輪 警視庁北多摩署特捜本部 講談社ノベルス 2007 無宿千両男 袈裟斬り怪四郎 祥伝社文庫 2008 脚注 ==。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

太田 蘭三の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

待てば海路の殺しあり (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2014-07-25
西東京銀行でテロまがいの事件が発生。推理作家・釣部渓三郎は、新宿で銀行に押し入った男と偶然に遭遇する。数日後、駿河湾で釣りを楽しむ釣部は、その銀行に勤めていた女性の死体を釣り上げてしまった。

脱獄山脈 (光文社文庫)



光文社 2012-05-10

脱獄山脈 (ノン・ノベル)



祥伝社
新書。中古です。並程度。商品カバーとイメージ画像とに相違がある場合がございます。出品の際に確認しておりますが、稀に書き込み、傷み等がある場合がございますのでご了承下さい。過度に状態を気にされる方および

富士山麓 悪女の森 顔のない刑事・潜伏捜査<「顔のない刑事」シリーズ> (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2014-04-08
奥多摩の山荘で美術商・鳥居の刺殺体が発見された。鳥居は詐欺師の春原から時価二億円の仏像を預かったまま失踪中だった。特捜刑事・香月は極秘捜査を開始するが、奥多摩湖に女性の全裸死体が浮かび……。

遭難渓流 (光文社文庫)



光文社 2012-11-13


太田 蘭三の著書を検索する

太田 蘭三の関連ニュース


太田 蘭三のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、太田 蘭三と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「太田 蘭三」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.