大友 克洋

(オオトモ・カツヒロ)
大友 克洋(おおとも かつひろ、本名同じ、1954年4月14日 - )は、日本の漫画家、映画監督。宮城県登米郡迫町(現在の登米市迫町)出身。宮城県佐沼高等学校卒。血液型はA型。1973年『漫画アクション』にてデビュー。代表作に『童夢』『AKIRA』など。ペンタッチに頼らない均一な線による緻密な描き込み、複雑なパースを持つ画面構成などそれまでの日本の漫画にはなかった作風で、80年代以降の漫画界に大きな影響を与えた。息子はイラストレーターのSHOHEI(大友昇平)。 1988年、自作を元に自ら制作したアニメーション映画『AKIRA』は日本国外でも高い評価を得、「ジャパニメーション」と呼ばれる、日本国外における日本アニメムーブメントのさきがけとなった。近年は主に映画監督として活動している。 幼少の頃より、手塚治虫の「鉄腕アトム」や「ジャングル大帝」を見て育つ。中学時代に漫画家を志すが、高校時代は映画漬けの日々を送り一時漫画から離れる。当時は映画を作りたいと思っていたが、一人立ちを考えて漫画を描き始め、1971年末に処女作『マッチ売りの少女』を執筆。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

大友 克洋の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

童夢 (アクションコミックス)



双葉社
童夢 (アクションコミックス) [Jun 28, 1982] 大友 克洋

TRIBUTE TO OTOMO


Editions Glenat 講談社 編集 /大友 克洋 原著 /
講談社

AKIRA 全6巻完結セット(KCデラックス)



講談社
KCデラックス、6巻完結セットです。

POSTERS -OTOMO KATSUHIRO × GRAPHIC DESIGN



パイインターナショナル 2014-02-28

GENGA - OTOMO KATSUHIRO ORIGINAL PICTURES -



パイインターナショナル 2012-04-23


大友 克洋の著書を検索する

大友 克洋の関連ニュース


大友 克洋のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、大友 克洋と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「大友 克洋」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.