大伴 旅人

(オオトモノ・タビト)
大伴 旅人(おおとも の たびと、天智天皇4年(665年) - 天平3年7月25日(731年8月31日)は、奈良時代初期の貴族、歌人。大納言・大伴安麻呂の子。官位は従二位・大納言。 和銅3年(710年)正月の元明天皇の朝賀に際して、左将軍として副将軍穂積老と共に騎兵・隼人・蝦夷らを率いて朱雀大路を行進した。 和銅7年(714年)父の安麻呂が亡くなる。養老2年(718年)に中納言に任じられる。養老4年(720年)山背摂官となるが、同年2月29日に大隅国守・陽侯史麻呂の殺害に端を発した隼人の反乱の報告を受け、3月4日に征隼人持節大将軍に任命され反乱の鎮圧にあたる(この時の位階は正四位下)。なお、6月17日に隼人戦で旅人が原野に野営してすでに1ヶ月にもなったとの報告があったことから、旅人が軍営を張ったのは5月頃とみられる。その後、8月3日に右大臣・藤原不比等が亡くなったことから、旅人は京に呼び戻されたが、隼人の平定は未了であったために、副将軍以下は引き続き駐屯を命じられている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

大伴 旅人の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

大伴 旅人の著書を検索する

大伴 旅人の関連ニュース


大伴 旅人のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、大伴 旅人と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「大伴 旅人」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.