大伴 家持

(オオトモノ・ヤカモチ)
大伴 家持(おおとも の やかもち、養老2年(718年)頃 - 延暦4年8月28日(785年10月5日)は奈良時代の貴族・歌人。大納言・大伴旅人の子。官位は従三位・中納言。三十六歌仙の一人。小倉百人一首では中納言家持。 『万葉集』の編纂に関わる歌人として取り上げられることが多いが、大伴氏は大和朝廷以来の武門の家であり、祖父・安麻呂、父・旅人と同じく律令制下の高級官吏として歴史に名を残す。天平の政争を生き延び、延暦年間には中納言まで昇った。 父・旅人が大宰帥として大宰府に赴任する際には、母・丹比郎女、弟・書持とともに任地に従っている。後に母を亡くし、西下してきた叔母の大伴坂上郎女に育てられた。天平2年(730年)旅人とともに帰京。 天平10年(738年)に内舎人と見え、天平12年(740年)藤原広嗣の乱の平定を祈願する聖武天皇の伊勢行幸に従駕。天平17年(745年)に従五位下に叙せられる。天平18年(746年)3月に宮内少輔、6月に越中守に任ぜられ、天平勝宝3年(751年)まで赴任。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

大伴 家持の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

万葉集 ─まんがで読破─


大伴家持 編集 /
イースト・プレス 2014-04-18
千年以上読み継がれる日本文学の原点――雄略天皇から大伴家持に至るまで、万葉時代のさまざまな和歌を集めた歌集『万葉集』。この時代をふり返ってみると、大陸からの脅威に目覚めゆく古代日本人の姿があった。激動

1739 女声合唱アルバム やかもち抒情



河合楽器製作所・出版事業部

いつも手元に【万葉集の短歌・第3巻】キルトカット付 いつも手元に万葉集の短歌


きりん小森 イラスト /久栄堂書店 編集 /
久栄堂書店 2014-01-16
♪ 声に出して、万葉集を楽しみましょう【第3巻】・万葉集の中から212首の短歌(no.485ーno.703)を選んで掲載しています。・読みやすいように、

いつも手元に【万葉集の短歌・第1巻】キルトカット付 いつも手元に万葉集の短歌


きりん小森 イラスト /久栄堂書店 編集 /
久栄堂書店 2013-12-25
♪ 声に出して、万葉集を楽しみましょう。・万葉集の中から212首の短歌(no.4ーno.250)を選んで掲載しています。・読みやすいように、文字の大きさ

[まとめ買い] まんがで読破 (101-136)


バラエティ・アートワークス イラスト /大伴家持 編集 /西田幾多郎 編集 /

人生って楽しいことばかりじゃないのね…19世紀フランス。男爵家のひとり娘のジャンヌは、20歳を機に修道院を出て両親とともにレ・プープル屋敷に住みはじめる。そこで紹介された子爵の青年と結婚し、順

いつも手元に【万葉集の短歌・第2巻】キルトカット付 いつも手元に万葉集の短歌


きりん小森 イラスト /久栄堂書店 編集 /
久栄堂書店 2013-12-25
♪ 声に出して、万葉集を楽しみましょう。・万葉集の中から212首の短歌(no.251ーno.484)を選んで掲載しています。・読みやすいように、文字の大

無伴奏混声合唱のための「春愁三首」


パナムジカ 編集 /

"信長貴富が新進気鋭の作曲家であった頃の作品が20年の時を経て待望の出版となりました。万葉集に収められた、「春愁三首」と呼ばれる大伴家持の三つの和歌をテキストとし、引き延ばしや説明的な描写を一切排除す

大伴 家持の著書を検索する

大伴 家持の関連ニュース


大伴 家持のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、大伴 家持と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「大伴 家持」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.