大槻ケンヂ

(オオツキ・ケンジ)
大槻 ケンヂ(おおつき ケンヂ、1966年2月6日 - )は、日本のロックミュージシャンで作家。本名、大槻 賢二(おおつき けんじ)。愛称は、オーケン。 東京都中野区野方出身。有限会社オーケン企画所属。インディーズ時代に使っていた芸名は「おーつきモヨコ」「大槻モヨコ」など。身長178cm。血液型はB型。 概要・来歴 少年時代、中学の同級生内田雄一郎と共に漫画家を目指していたが、(本人が「世界で一番好きなバンド」と語ったこともある)キング・クリムゾンやピンク・フロイドら王道のプログレッシブ・ロック、YMOやヒカシュー、P-MODELなど当時のニュー・ウェーヴ、遠藤賢司や頭脳警察、JAGATARA、ザ・スターリン、INUらの日本語詞のロック、パンク・ロックなどに影響を受け、次第に音楽の世界へと興味を持ち始める。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

大槻ケンヂの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

いつか春の日のどっかの町へ (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2017-02-25
40歳になった年、8年間活動を休止していた筋肉少女帯が再結成。その後、フジロックやロックインジャパンフェスティバル、アニメロサマーライブにも参戦し、音楽活動では人生何度目かのピークを過ごしながら、心の

グミ・チョコレート・パイン グミ編<グミ・チョコレート・パイン> (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2013-07-17
大橋賢三は高校二年生。学校にも家庭にも打ち解けられず、猛烈な自慰行為とマニアックな映画やロックの世界にひたる、さえない毎日を送っている。ある日賢三は、親友のカワボン、タクオ、山之上らと「オレたちは何か

グミ・チョコレート・パイン グミ編 (角川文庫)


江口 寿史 イラスト /
角川書店

ステーシーズ 少女再殺全談 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2013-09-13
近未来、いかなる存在の意志によるものか? 15歳から17歳までの少女たちが突然、世界中で狂死を始めた。少女の屍は立ち上がり、人肉を求めてさすらう無数の大群と化す。屍少女“ステーシー”殲滅のために完全武

人生で大切なことはオカルトとプロレスが教えてくれた (角川学芸出版単行本)



KADOKAWA / 角川学芸出版 2015-03-25
イカレた70年代に子供時代を過ごした僕らだけが知っている秘密の話をしよう。UFO、UMA、ノストラダムス、ユリ・ゲラー、梶原一騎、猪木、特撮、心霊、超能力…など、抱腹絶倒の昭和あるある異種格闘雑談。

大槻ケンヂの著書を検索する

大槻ケンヂの関連ニュース


大槻ケンヂのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、大槻ケンヂと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「大槻ケンヂ」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.