大藪 春彦

(オオヤブ・ハルヒコ)
大藪 春彦(おおやぶ はるひこ、1935年2月22日 - 1996年2月26日)は、日本の小説家。朝鮮・京城生まれ。高松第一高等学校卒業。早稲田大学教育学部英語英文学科中退。61歳没。 代表作は『野獣死すべし』(伊達邦彦シリーズ)、『蘇える金狼』、『汚れた英雄』など。これらの作品は映画化・テレビドラマ化され、没後10年以上を経ても徳間文庫・光文社文庫などから復刊されている。 デビュー作「野獣死すべし」は江戸川乱歩が推薦人となり1958年『宝石』に掲載され、文壇からも注目された。しかし1960年、「街が眠るとき」、「火制地帯」が海外作品からの盗作と疑われたことを一因に、ミステリ作家の団体他殺クラブを脱会する。1965年、また拳銃不法所持容疑により逮捕される(21日後に釈放)。以後は文壇の動向とは距離を置いた執筆活動を行った。 年表 幼少期 1935年 - 2月22日 京城(ソウル)に生まれる。父は教師。 1935年 - 山形県酒田市に移転。 1941年 - 当時、(「韓国併合ニ関スル条約」に基づき)大日本帝国の領地だった朝鮮半島北部の新義州に移転。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

大藪 春彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

野獣死すべし(新潮文庫)



新潮社 2016-03-11
敗戦で満洲から引揚げた伊達邦彦少年は、大戦の惨害に人間性の根底まで蹂躙され、大学生の頃には計算しつくされた完全犯罪を夢見るようになる。大学入学金の強奪に成功した彼は、戦時中父の会社を乗っ取った京急コン

血の来訪者(新潮文庫)



新潮社 2016-10-28
資本金100億の大東電機乗っ取りを企てる伊達邦彦は、社長令嬢を誘拐、身代金3000万円の強奪に成功したのを皮切りに、緻密な計算と恐るべき行動力によって着実に目標に近づいてゆく……。巨大な力にものをいわ

復讐の弾道 (光文社文庫)



光文社 1991-10-20
やはり兄は謀殺されていた! 三年の刑期を終えて出所した羽山貴次は、服役中に知った兄の自殺の真相を突き止めた。憎悪を燃えあがらせる羽山は、兄を卑劣な方法で殺し、なお発展を続ける東和自動車に、仮借なき復讐

全開(フル・スロットル)で飛ばせ (光文社文庫)



光文社 1990-08-20
嵯峨幸夫。32歳。作曲家兼ラリー・ドライヴァー――というのは表向き。実は国家保安工作員だ。 ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ、マゼラッティ……10台の高性能車を疾駆させ、嵯峨は凄絶な戦いに挑んでい

戦士の挽歌(バラード)(上・下合冊版)



光文社 2016-07-29
中堅製薬会社の腕利きプロパー・石川克也は手段を選ばない。人を人として扱わず、患者を食い物にする大病院、医師たちに、目覚めた野獣の怒りがついに牙を剥(む)く。超人的な肉体と猟で鍛えた銃の腕前を駆使し、石

非情の標的 (光文社文庫)



光文社 1996-01-20
たった一人の弟が行方不明になった!? 指名手配され、アルゼンチンに逃亡していた浅岡晃一が急遽帰国した。鳥類学者だった弟に何が? 捜索する浅岡の行く手に、つぎつぎと立ちはだかる暴力団。その背後には、日本

大藪 春彦の著書を検索する

大藪 春彦の関連ニュース


大藪 春彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、大藪 春彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「大藪 春彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.