大山 勝通

(オオヤマ・カツユキ)
大山 勝通(おおやま かつゆき、1927年3月5日 - 2006年12月19日)は日本の気象学者。北海道札幌市生まれ。海外ではvic ooyamaの名前でも知られる。 1951年東京大学物理学科卒。中央気象台(現気象庁)で天気予報などを担当した後、1955年渡米、ニューヨーク大学で学ぶ。そのまま同大学に残り、後に教授に就任。 1960年代前半、数値実験により、台風の発達メカニズムを解明することに初めて成功し、その後の台風の力学的研究の発展の基礎を築いた。同功績により、1972年度の日本気象学会賞を受賞。 その後はアメリカ国立大気研究所 (NCAR) 員、ハリケーン研究所 (NHRL) 員を歴任。 参考文献 山岬正紀「大山勝通名誉会員のご逝去を悼む」、『天気』第54巻第3号、社団法人日本気象学会、2007年3月31日、 245-246頁、 NAID 110006242400。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

大山 勝通の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

大山 勝通の著書を検索する

大山 勝通の関連ニュース


大山 勝通のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、大山 勝通と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「大山 勝通」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.