長部 日出雄

(オサベ・ヒデオ)
長部 日出雄(おさべ ひでお、1934年9月3日 - )は、青森県弘前市出身の小説家、評論家。 故郷である津軽についての小説、エッセイを多数、発表。また津軽出身の棟方志功、太宰治らの評伝を執筆。また、監督した映画『夢の祭り』では津軽三味線に熱中する若者達を描いている。近年は、主に評論作品を発表。かつては左派・左翼だったが、近年は反共右派の立場を鮮明にして、民主党政権を容共として激しく非難している。日本は反共の旗を降ろすなというのが、現在の長部の主な主張である。 ミュージシャンの大友康平は甥。 文章中に繰返し符号「々」を使用しないことが知られている。 1950年 - 青森県立弘前高等学校入学。 1953年 - 早稲田大学文学部哲学科に入学する。(のち、早稲田大学中退) 1957年 - 『週刊読売』記者となる。大島渚、永六輔、野坂昭如、筒井康隆、小林信彦らをいち早く評価し、彼らと交友する。 その後退職し、雑誌『映画評論』編集者、映画評論家・ルポライターを経て、作家となる。 1973年 - 『津軽じょんから節』と『津軽世去れ節』により、第69回直木賞を受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第69回 直木賞

長部 日出雄の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

「古事記」の真実 (文春文庫)



文藝春秋 2015-06-12
日本人の原点を読み解く!大傑作『古事記』。日本人はこの書物をどのように読んできたのか。我々にとってカミとは――。神話と日本語の成立に迫る名ガイド。

「古事記」の真実 (文春文庫)



文藝春秋 2015-05-08

文藝春秋文化講演会3 CD7枚組 ()



エニー/日本音声保存

棟方志功の原風景


長部 日出雄 その他 /
津軽書房 2015-04-20

猫は神さまの贈り物<エッセイ編>


大佛 次郎 その他 /
有楽出版社

私の文学放浪 (講談社文芸文庫)


長部 日出雄 解説 /
講談社

鬼が来た(上) 棟方志功伝



文藝春秋 2012-09-20
善知鳥(うとう)……それは青森市の古名でもあり、なぜか悪知鳥とも呼ばれて古今集にも歌われた悲しい伝説の鳥でもある。その幻の鳥を追って本州北端、青森の善知鳥神社に隣接する貧しい鍛冶屋から始まった棟方志功

長部 日出雄の著書を検索する

長部 日出雄の関連ニュース


長部 日出雄のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、長部 日出雄と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「長部 日出雄」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.