押川 春浪

(オシカワ・シュンロウ)
押川 春浪(おしかわ しゅんろう、1876年(明治9年)3月21日 - 1914年(大正3年)11月16日)は日本の冒険小説作家、SF作家。愛媛県出身、本名は方存(まさあり)。冒険小説のジャンルを定着させ、雑誌『冒険世界』『武侠世界』で主筆を務めて多くの後進の作家、画家育成に尽力した。 生涯 生い立ち 松山市生まれ。父はキリスト教牧師で伝道活動を行っていた押川方義。生後8か月で、新潟で伝道を行っていた父に母とともに呼び寄せられる。1878年(明治11年)、1879年(明治12年)と続いた新潟大火のため、方義は伝道地を仙台に移し、同行。1883年(明治16年)に宮城師範学校付属小学校入学。小学校卒業後、高等単身上京し明治学院入学。野球に熱中し、2年続けて落第、仙台に呼び戻され、父の設立した東北学院に編入。ここで乱暴を働き放校処分となり札幌農学校に入るが、ここでも騒ぎを起こして、1894年(明治27年)に芝の水産講習所(現東京海洋大学)入学。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

押川 春浪の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

押川春浪作品集: 全5作品を収録 (青猫出版)



青猫出版 2016-12-01
全5作品を収録。 目次リンクから各作品へ移動できます。 【収録作品】 黄金の腕環 海島冐檢奇譚 海底軍艦 月世界競争探検 南極の

少年小説大系 第2巻 押川春浪集


伊藤 秀雄 編さん /
三一書房

少年倶楽部作品選(一)―25の佳作 響林社文庫


しみじみ朗読文庫 編集 /
響林社 2014-11-23
かつて少年たちが夢中になった読んだ『少年倶楽部』。それに掲載された作品から、25作品を選んで収録しました(同誌以外に一部『少年世界』『冒険世界』などの作品も含まれています)。 青春小説あり

押川春浪集 ――明治探偵冒険小説集3


伊藤秀雄 編集 /
筑摩書房 2014-02-07
恋も財も失った令嬢がある大金持ちの奇人の助力を得て、不幸のどん底から立ち直ろうと大勝負に出る「銀山王」。快男児・団金東次が如意棒片手に世界へ船出する、痛快活劇「世界武者修行」。アラビアの航海王・乗船伯

海島冒険奇譚 海底軍艦 05 海島冒険奇譚 海底軍艦



2012-10-01
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

黄金の腕環 流星奇談



2012-10-04
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

押川 春浪の著書を検索する

押川 春浪の関連ニュース


押川 春浪のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、押川 春浪と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「押川 春浪」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.