大谷 羊太郎

(オオタニ・ヨウタロウ)
大谷 羊太郎(おおたに ようたろう、1931年2月16日 - )は、日本の小説家、推理作家。本名、大谷一夫。東大阪市生れ、埼玉県浦和市(現:さいたま市浦和区)出身。埼玉県立浦和高等学校卒、慶應義塾大学国文科中退。 大学在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。後、「秀和プランニング」で克美しげるのマネージャー。1966年、『四つのギター』が第12回江戸川乱歩賞候補(本名で投稿)。1968年、第15回乱歩賞候補の『死を運ぶギター』(『美談の報酬』改題)でデビュー。翌年には『虚妄の残影』で再び乱歩賞候補、その翌年に『殺意の演奏』で第16回乱歩賞を受賞。 芸能界での生活を活かし、芸能界を舞台とした密室もので広く読者を獲得。八木沢警部補という名探偵を創り出した。共同覆面作家・鷹見緋沙子の一員(ほかは草野唯雄、天藤真)。代表作に、『真夜中の殺意』『悪人は三度死ぬ』など。 小説家に憧れていた母親によって、子供のころから新聞小説を読まされていたが、当初は小説家になる気は起きなかったという。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第16回 江戸川乱歩賞

大谷 羊太郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

殺意の演奏



アドレナライズ 2016-09-16
人気司会者が自室で死体となって発見された! 残された暗号日記は遺書なのか、それとも…? 芸能ショーの司会者、細井道夫が死体となって発見された。部屋は内鍵が下ろされた

伊豆高原殺人事件



アドレナライズ 2017-03-28
警察に追われる男女が忍び込んだ山荘で見たものは!? 地上げ屋の隠し財産を狙った男女は、まんまと数億円相当の金品を盗み出すことに成功する。ところが通行人に犯行を目撃さ

北の聖夜殺人事件



アドレナライズ 2017-03-28
札幌で女性歌手が殺された! 痴情か怨恨か、暗闇に渦巻く殺意と血塗られた密室の謎 雪の降りしきるクリスマス・イブ、札幌の芸人宿に偶然泊まり合せた十三人の客の中の一人が

スキャンダル殺人事件



アドレナライズ 2017-02-20
芸能情報誌へのタレコミ電話が、恐るべき殺意を引き寄せた!?『芸能スター情報』編集部は、デビューして間もない新人清純派スター・月永令子に関する密告電話(タレコミ)に色

江戸川乱歩賞全集(8)殺意の演奏 仮面法廷 (講談社文庫)


日本推理作家協会 編集 /
講談社

完全密室殺人事件



アドレナライズ 2017-03-28
密室に隠された罠と横たわる美女の死体……なぜ賊は同じ部屋に二度侵入したのか? 首都圏近郊のアパートで、一人暮らしのOL・平沼美奈子が襲われた。未遂に終わったものの、

大谷 羊太郎の著書を検索する

大谷 羊太郎の関連ニュース


大谷 羊太郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、大谷 羊太郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「大谷 羊太郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.