乙川 優三郎

(オトカワ・ユウザブロウ)
乙川 優三郎(おとかわ ゆうざぶろう、1953年2月17日 - )は、日本の小説家。本名島田 豊。 来歴・人物 東京都生まれ。生後すぐに千葉県に移る。千葉県立国府台高等学校卒。 ホテル・観光業の専門学校卒業後、国内外のホテルに勤務。会社経営や機械翻訳の下請を経て、作家になる。この間に、酔った勢いで書いた小説が最終選考に残ったことから小説を書き始めた、という逸話がある。 時代小説を数多く書き、『脊梁山脈』では初の現代小説を書く。好きな作家に山本周五郎を挙げている。2001年にその周五郎の名を冠した山本周五郎賞を『五年の梅』で受賞し、翌年に周五郎が辞退した直木三十五賞を『生きる』で受賞した。 受賞歴 1996年 - 『藪燕』で第76回オール讀物新人賞 1997年 - 『霧の橋』で第7回時代小説大賞 2001年 - 『五年の梅』で第14回山本周五郎賞 2002年 - 『生きる』で第127回直木賞 2004年 - 『武家用心集』で第10回中山義秀文学賞 2013年 - 『脊梁山脈』で第40回大佛次郎賞 2016年 - 『太陽は気を失う』で第66回芸術選奨文部科学大臣賞 著書 『霧の橋』講談社 1997 のち文庫 『喜知次』講談社 1998 のち文庫 徳間文庫 『椿山』文藝春秋 1998 のち文庫  『屋烏』講談社 1999 のち文庫  『蔓の端々』講談社 2000 のち文庫  『五年の梅』新潮社 2000 のち文庫 『かずら野』幻冬舎 2001 のち文庫、新潮文庫   『生きる』文藝春秋 2002 のち文庫  『冬の標』中央公論新社 2002 のち文春文庫  『武家用心集』集英社 2003 のち文庫 『芥火』講談社 2004 「夜の小紋」文庫  『むこうだんばら亭』新潮社 2005 のち文庫 『さざなみ情話』朝日新聞社 2006 のち文庫、新潮文庫 『時雨の岡(乙川優三郎自撰短篇集 市井篇)』講談社 2006 『男の縁(乙川優三郎自撰短篇集 武家篇)』講談社 2006 『露の玉垣』新潮社 2007 のち文庫  『闇の華たち』文藝春秋 2009 のち文庫  『逍遥の季節』新潮社 2009 のち文庫  『麗しき花実』朝日新聞出版 2010 のち文庫  『脊梁山脈』新潮社 2013 のち文庫 『トワイライト・シャッフル』新潮社 2014 『太陽は気を失う』文藝春秋 2015 『ロゴスの市』徳間書店 2015 脚注 出典 。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第127回 直木賞 / 第14回 山本周五郎賞

乙川 優三郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

生きる


ことのは出版 出版社 /神谷 尚武 ナレーション /
ことのは出版
藩主の恩に報いるために「追腹」をせねばと覚悟した男。生きながらえるも、順調だった人生が崩れ、不幸の波が押し寄せる。しかし... 苦境に人の心を支えるものとは。第127回直木賞受賞  (時代小説)

生きる (文春文庫)



文藝春秋

生きる



文藝春秋

ロゴスの市 (文芸書)



徳間書店

五年の梅



新潮社

脊梁山脈 (新潮文庫)



新潮社 2015-12-23


乙川 優三郎の著書を検索する

乙川 優三郎の関連ニュース


乙川 優三郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、乙川 優三郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「乙川 優三郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.