乙一

(オツイチ)
乙一(おついち、男性、1978年10月21日 - )は、日本の小説家。本名は安達 寛高(あだち ひろたか)。日本推理作家協会会員、本格ミステリ作家クラブ会員。山白朝子(やましろ あさこ)や中田永一(なかた えいいち)の別名義でも活動を行っている。 福岡県出身。1996年、『夏と花火と私の死体』で第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞(集英社)を受賞し、17歳(執筆時は16歳)でデビュー。選考では、栗本薫が強く推したという。以後学業の傍ら、『ザ・スニーカー』などのライトノベル誌に作品を発表。 久留米工業高等専門学校材料工学科から編入学で、豊橋技術科学大学工学部エコロジー工学課程卒業。大学時代は愛知県豊橋市に居住。大学ではSF研究会所属。卒業後は1年程で東京に転居。 2002年に出版された『GOTH リストカット事件』で、第3回本格ミステリ大賞を受賞し、ライトノベルから抜け出した人気を誇った。 2004年には『手を握る泥棒の物語』がTEPCOひかり(東京電力)の光ファイバーインターネットサービスのコンテンツとして映画化されたほか、2005年春に『ZOO』収録作のうちの5作品が映画化され全国の劇場で公開され、2006年秋には『暗いところで待ち合わせ』が、2007年夏には『きみにしか聞こえない』が劇場公開された。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

乙一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2015-10-08
ミステリー最前線で活躍する作家43人が惜しげもなく披露する、極秘の執筆作法。作家志望者、ミステリーファン必読の書。日本推理作家協会 編著 赤川次郎/東直己/阿刀田高

暗いところで待ち合わせ



幻冬舎 2013-08-09
視力をなくし、独り静かに暮らすミチル。職場の人間関係に悩むアキヒロ。駅のホームで起きた殺人事件が、寂しい二人を引き合わせた。犯人として追われるアキヒロは、ミチルの家へ逃げ込み、居間の隅にうずくまる。他

ZOO 1 (集英社文庫)



集英社 2013-05-14
何なんだこれは! 天才・乙一のジャンル分け不能の傑作短編集が「1」、「2」に分かれて、ついに文庫化。双子の姉妹なのになぜか姉のヨーコだけが母から虐待され――(「カザリとヨーコ」)。謎の犯人に拉致監禁さ

山羊座の友人 (ジャンプコミックスDIGITAL)



集英社 2015-06-04
松田ユウヤはある夜、同級生の若槻ナオトが殺人を犯した現場に遭遇する。陰惨ないじめの標的になっていた若槻は、追い詰められ相手を殺してしまったのだった。今までいじめを見て見ぬふりをしてきた罪悪感から、ユウ

夏と花火と私の死体 (JUMP j BOOKS)


幡地 英明 イラスト /
集英社


乙一の著書を検索する

乙一の関連ニュース


乙一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、乙一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「乙一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.