尾辻 克彦

(オツジ・カツヒコ)
『赤瀬川原平』より : 赤瀬川 原平(あかせがわ げんぺい、1937年3月27日 - 2014年10月26日)は、日本の前衛美術家、随筆家、作家。本名、赤瀬川克彦。純文学作家としては尾辻 克彦(おつじ かつひこ)というペンネームがある。神奈川県横浜市中区本牧町生まれ。愛知県立旭丘高等学校美術科卒業。武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)油絵学科中退。 兄は直木賞作家の赤瀬川隼。姉の赤瀬川晴子は帽子作家。また、外交官の西春彦は父のいとこにあたる。姪(隼の長女)は『人麻呂の暗号』の著者である藤村由加の一人。 2006年4月より、武蔵野美術大学日本画学科の客員教授を務めていた。 生い立ち 父親は鹿児島県出身で倉庫会社勤務のサラリーマン。「赤瀬川骨茶」という俳号で俳句も詠んだ。母親は東京府出身。原平は6人兄弟姉妹の下から2番目。兄弟はみな芸術的なことが好きで、原平はとくに絵が好きだった。一家は父親の転勤であちこちに移り、原平は幼稚園時代から大分県大分市で育つ。寝小便の癖がなかなか治らず、完全に治ったのは中学3年だった。「おねしょは中学2年生まで毎晩のようにしていて、自分の運命を憎み、死んでしまいたいと思っていた」というコンプレックスが自意識を目覚めさせたと書いている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第84回 芥川賞 / 第5回 野間文芸新人賞

尾辻 克彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

父が消えた (河出文庫)



河出書房新社

父が消えた (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
表題作は、父の遺骨を納めるべく売り出された墓地を見に行く青年の奇妙な一日をポップ・アート風に描いて注目を浴びた第84回芥川賞受賞作。他にカメラ狂のフェティシズムを考察する「星に触わる」、晴れた日に雨樋

アンソロジー カレーライス!!


佐内正史 写真 /
パルコ

肌ざわり (中公文庫 A 164)



中央公論新社

肌ざわり (河出文庫)



河出書房新社

肌ざわり



中央公論新社


尾辻 克彦の著書を検索する

尾辻 克彦の関連ニュース


尾辻 克彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、尾辻 克彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「尾辻 克彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.