小山田浩子

(オヤマダ・ヒロコ)
『小山田こう』より : 小山田 浩子(おやまだ ひろこ、1983年11月2日 - )は、日本の小説家。広島県広島市佐伯区生まれ。広島大学文学部日本文学語学講座卒業。 大学卒業後、編集プロダクション、大手自動車メーカー子会社、眼鏡販売店勤務など職場を転々した後、結婚し主婦となる。 2010年、「工場」(『新潮』2010年11月号)で第42回新潮新人賞を受賞。小説家デビューを果たす。2013年、単行本『工場』(新潮社)で第26回三島由紀夫賞候補、第30回織田作之助賞受賞、第4回広島本大賞(小説部門)受賞。2014年、「穴」で第150回芥川龍之介賞受賞。同年、第30回県民文化奨励賞(第30回記念特別賞)受賞。 広島で生まれ育ち、2015年1月現在も同市佐伯区に在住している。 作品 単行本 工場(2013年3月 新潮社) 工場(『新潮』2010年11月号) ディスカス忌(『新潮』2012年9月号) いこぼれのむし(『新潮』2011年5月号) 穴(2014年1月 新潮社) 穴(『新潮』2013年5月号) いたちなく(『新潮』2013年7月号) ゆきの宿(書き下ろし) 雑誌掲載 うらぎゅう(『群像』2013年4月号) 延長(『早稲田文学』2014年秋号) 異郷(『早稲田文学』2014年冬号) 叔母を訪ねる(『すばる』2015年1月) うかつ(『新潮』2015年1月) エッセイ・対談他 受賞記念対談 日常と幻想のあいだ(『文學界』2014年3月号 川上弘美) 受賞記念エッセイ 穴のころのこと(『文學界』2014年3月号) 脚注 外部リンク 『工場』小山田浩子インタビュー。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第150回 芥川賞

小山田浩子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

穴(新潮文庫)



新潮社 2017-01-20
仕事を辞め、夫の田舎に移り住んだ私は、暑い夏の日、見たこともない黒い獣を追って、土手にあいた胸の深さの穴に落ちた。甘いお香の匂いが漂う世羅さん、庭の水撒きに励む寡黙な義祖父に、義兄を名乗る知らない男。

穴 (新潮文庫)



新潮社 2016-07-28

工場



新潮社

工場



新潮社 2013-09-20
不可思議な工場での日々を三人の従業員の視点から語る新潮新人賞受賞作のほか、熱帯魚飼育に没頭する大金持ちの息子とその若い妻を描く「ディスカス忌」、心身の失調の末に様々な虫を幻視する女性会社員の物語「いこ



新潮社

GRANTA JAPAN with 早稲田文学 03


早稲田文学会 編集 /
早川書房


小山田浩子の著書を検索する

小山田浩子の関連ニュース


小山田浩子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、小山田浩子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「小山田浩子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.