尾崎 秀樹

(オザキ・ヒデキ)
尾崎 秀樹(おざき ほつき、1928年(昭和3年)11月29日 - 1999年(平成11年)9月21日)は、日本の文芸評論家。ゾルゲ事件の研究や、大衆文学評論に尽くした。ゾルゲ事件の尾崎秀実は異母兄。 生い立ち 台湾台北市に生まれる。父尾崎秀真(尾崎白水)は美濃出身で戦前の台湾で文士・新聞記者として活躍した。中学時代に兄秀実がゾルゲ事件で検挙され、家族は周囲から冷たい扱いを受けた。台北帝国大学附属医学専門部(中退)在学中に学徒動員により訓練や作業に就く。 終戦の翌年に母の実家福岡に引き揚げ、その後岐阜に移り、ゾルゲ事件真相究明を志して上京。義姉を介して伊藤律の紹介で、中部民報東京支局に就職。日本共産党にも出入りし、1948年に入党、川合貞吉らとともに尾崎伝記編纂委員会、尾崎事件真相究明会などでゾルゲ事件の調査を行う。この時期、秀実の弟として党内やマスコミからも注目があった。1949年に中部民報社が経営悪化し、党につながりのある印刷会社文光堂に就職、しかしほどなく解雇される。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第24回 吉川英治文学賞

尾崎 秀樹の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

尾崎 秀樹の著書を検索する

尾崎 秀樹の関連ニュース


尾崎 秀樹のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、尾崎 秀樹と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「尾崎 秀樹」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.