尾崎 放哉

(オザキ・ホウサイ)
尾崎 放哉(おざき ほうさい、本名: 尾崎 秀雄(おざき ひでお)(鳥取県鳥取市出身)、1885年(明治18年)1月20日 - 1926年(大正15年)4月7日)は、日本の俳人。種田山頭火らと並び、自由律俳句の最も著名な俳人の一人である。 概略 東京帝国大学(現在の東京大学)法学部を卒業後、東洋生命保険(現:朝日生命)に就職し、大阪支店次長を務めるなど、出世コースを進み、豪奢な生活を送っていたエリートでありながら、突然、それまでの生活を捨て、無所有を信条とする一燈園に住まい、俳句三昧の生活に入る。その後、寺男で糊口(ここう)をしのぎながら、最後は小豆島の庵寺で極貧の中、ただひたすら自然と一体となる安住の日を待ちながら、俳句を作る人生を送った。クセのある性格から周囲とのトラブルも多く、その気ままな暮らしぶりから「今一休」と称された。その自由で力強い句は高い評価を得、代表的な句に、「咳をしても一人」などがある。 年譜 1885年 1月20日 - 鳥取県邑美郡吉方町(現在の鳥取市吉方町)に、鳥取県の士族で、鳥取地方裁判所の書記官・尾崎信三の次男として生まれる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

尾崎 放哉の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

尾崎放哉全句集 (ちくま文庫)


村上 護 編集 /
筑摩書房

尾崎放哉全句集


伊藤 完吾 編集 /小玉 石水 編集 /
春秋社

作品に書きたい 心の詩(うた)


渡部忍 編集 /
天来書院

『尾崎放哉作品集・5作品⇒1冊』



尾崎放哉作品集・出版委員会 2015-06-28
「咳をしても一人」「墓のうらに廻る」「こんなよい月を一人で見て寝る」。種田山頭火と双璧をなす、自由律俳句の最も著名な俳人の一人、尾崎放哉の「5作品」を1冊に収録。目次一覧から目当ての作品に移動すること

決定版 尾崎放哉全句集


伊藤 完吾 編集 /小玉 石水 編集 /
春秋社

尾崎放哉作品集



古典教養文庫 2014-03-16
(尾崎放哉について) 尾崎放哉は、種田山頭火と並んで、最も有名な自由律俳句の俳人です。尾崎放哉は、一八八五(明治十八)年に鳥取県に生まれました。第一高等学校、東京帝国大学と進学

決定版・尾崎放哉全句集


伊藤 完吾 編集 /小玉 石水 編集 /
春秋社

入庵雑記(ゴマブックス大活字シリーズ)

¥896

ゴマブックス株式会社 2017-02-17

こころザワつく放哉 コトバと俳句


春陽堂書店編集部 編集 /もろ いくや その他 /
春陽堂書店


尾崎 放哉の著書を検索する

尾崎 放哉の関連ニュース


尾崎 放哉のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、尾崎 放哉と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「尾崎 放哉」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.