尾崎 一雄

(オザキ・カズオ)
尾崎 一雄(おざき かずお、1899年(明治32年)12月25日 - 1983年(昭和58年)3月31日)は、日本の小説家。 来歴・人物 実家は祖父の代まで神奈川県小田原市の宗我神社の神官を務めた一族だが、父の赴任先の三重県宇治山田町(現・伊勢市)で生まれる。16歳で志賀直哉の『大津順吉』を読んで感動し、作家を一生の仕事にしようと決心する。神奈川県立小田原中学校(現:神奈川県立小田原高等学校)、早稲田高等学院を経て、早稲田大学文学部国文科卒業。政治家河野一郎とは早稲田大学も含め同級生であった。 学生時代に肺病を患ったことから、憧れの志賀直哉に一刻も早く会いたいという気持ちになり、志賀の親戚という同級生に紹介を頼み、志賀に師事する。山口剛や窪田空穂の影響を受けた。早稲田時代から古本収集をしており、多くの文芸書の初版・限定本を得たが貧窮した時期に売ってしまった。 1925年、同人雑誌『主潮』に『二月の蜜蜂』を発表し、1枚2円50銭という破格の原稿料を手にする。新進作家として注目されたが、5年に渡って停滞期を送る。その理由として本人は、全盛であったプロレタリア文学に圧迫され締め出されたこと、志賀のようになりたいと頑張ってきたがスタミナ切れで息切れしたことを挙げている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第5回 芥川賞 / 第15回 野間文芸賞 / 第28回 野間文芸賞

尾崎 一雄の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

尾崎 一雄の著書を検索する

尾崎 一雄の関連ニュース


尾崎 一雄のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、尾崎 一雄と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「尾崎 一雄」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.