尾崎 士郎

(オザキ・シロウ)
尾崎 士郎(おざき しろう、1898年(明治31年)2月5日 - 1964年(昭和39年)2月19日)は、日本の小説家。 愛知県幡豆郡横須賀村(現西尾市)生まれ。早稲田大学政治科を中退し、大逆事件真相解明の目的で売文社に拠る。同社を本拠に活動していた高畠素之を追って国家社会主義に身を投じる。1921年(大正10年)に時事新報の懸賞小説で、大逆事件を取材した『獄中より』が第二席で入選し、以後本格的に小説家として身を立てる様になる。1933年(昭和8年)から都新聞に『人生劇場』を連載し、文芸懇話会賞を受賞。これが大ベストセラーとなって以後20年以上も執筆し続ける大長編となる。その一方で戦前に雑誌『文芸日本』、戦後に『風報』を主宰した。 早くに右傾し、軍国主義鼓吹の小説や著作を多く書いたため、戦後公職追放となるが、以後は文壇から距離を置き、実業家などとのつきあいが多かった。川端康成とは関東大震災の翌年1923年(大正12年)に出会って以来からの変わらぬ親友であった。 また『石田三成』『真田幸村』『篝火』などの歴史小説も書いたほか、相撲にも詳しく、長編小説『雷電』など相撲関係の著作もあり、横綱審議委員を務めた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

尾崎 士郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

現代語訳 平家物語(上) (岩波現代文庫)


尾崎 士郎 翻訳 /
岩波書店

現代語訳 平家物語(下) (岩波現代文庫)


尾崎 士郎 翻訳 /
岩波書店

人生劇場 青春篇(全)



くぇい兄弟社 2015-02-27
人生劇場は、作者である尾崎士郎を色濃く投影した青年、青成瓢吉(あおなり・ひょうきち)の成長を描いたビルドゥングス・ロマンであり、彼を取り巻く個性豊かな人たちの群像劇でもある。昭和8年に都新聞に連載が始

人生劇場 愛欲篇(全)



くぇい兄弟社 2015-06-20
人生劇場の第2幕、愛欲篇では、主人公青成瓢吉と、お袖、小岸照代、おりん、3人の女たちの愛憎劇と、瓢吉を取り巻く人々の有為転変を描く。青春篇の終幕、高見剛平や夏村大蔵が似非の社会

短篇小説集 軍師の生きざま


末國善己 編集 /
作品社

少女自転車解放区 (WANIMAGAZINE COMICS)


168 その他 /
ワニマガジン社

人生劇場 青春篇 (角川文庫)


弘兼 憲史 イラスト /
角川グループパブリッシング


尾崎 士郎の著書を検索する

尾崎 士郎の関連ニュース


尾崎 士郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、尾崎 士郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「尾崎 士郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.