朴 慶南

(パク・キョンナム)
朴 慶南(パク・キョンナム、박경남、1950年 - )は作家、エッセイスト。先住民族アイヌの権利回復を求める署名呼びかけ人 をつとめる。 鳥取県米子市生まれ。1972年、立命館大学文学部史学科卒業。 在日韓国・朝鮮人として、高校までは日本名新井慶子を名乗っていたが、大学進学とともに朝鮮名の朴慶南に。大学卒業後、構成作家などを経て本格的な作家活動を開始。 1992年、第10回青丘文化奨励賞を受賞した。 前田日明・金守珍との鼎談で、金守珍が「在日に違いない。半分は疑いながらも、そう信じていた。僕ら小学校時代から高校まで、強い人はみんなコリアンにしてきたんですよ。今でも朝鮮学校に行ってる子供はそうですよ」「そうあってほしいという願望があるんです。在日はよくスポーツ選手や芸能人のことを、『あの人もコリアンらしい』などと言いますよね」と発言し、それに対して前田日明が「親父たちの世代の言うこと聞いていると、ゴジラもウルトラマンも、全部コリアンということになる」と発言し、それに対して朴は「アハハハ。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

朴 慶南の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

私たちは幸せになるために生まれてきた



毎日新聞社 2013-08-20
願って生まれ、願って生き、苦難を背負った人々とともにあることを願い、よりよく生きられる世の中を願う。どんな困難をも糧として生きる人々の姿を、しなやかで柔らかな文章で綴る珠玉のエ

私たちは幸せになるために生まれてきた

¥1512

毎日新聞出版 2011-10-28

なんとかなるよ、大丈夫


朴 慶南 原著 /
小学館

いつか会える


朴 慶南 原著 /
毎日新聞社

ポッカリ月が出ましたら


朴 慶南 原著 /
三五館

あなたが希望です



新日本出版社

やさしさという強さ



毎日新聞社 2013-07-03
きびしい現実と懸命に向き合う人々の姿を柔らかな筆致で描き出し、これからの時代を生きるためにの新しい価値をさぐる珠玉のエッセー集。やさしさがあれば強く生きていける。い

朴 慶南の著書を検索する

朴 慶南の関連ニュース


朴 慶南のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、朴 慶南と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「朴 慶南」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.