頼 山陽

(ライ・サンヨウ)
頼 山陽(らい さんよう、安永9年12月27日(1781年1月21日) - 天保3年9月23日(1832年10月16日))は、大坂生まれの江戸時代後期の歴史家、思想家、漢詩人、文人。幼名は久太郎(ひさたろう)、名は襄(のぼる)、字は子成。山陽、三十六峯外史と号した。主著に『日本外史』があり、これは幕末の尊皇攘夷運動に影響を与え、日本史上のベストセラーとなった。 生涯 父の頼春水は若くして詩文や書に秀で、大坂へ遊学し尾藤二洲や古賀精里らとともに朱子学の研究を進め、江戸堀北(現・大阪市西区江戸堀の金光教玉水教会付近)に私塾「青山社」を開いた。青山社の近隣には篠崎三島、篠崎小竹、後藤松陰、並河寒泉ら多くの文人や学者が居住していた。山陽はこの頃の安永9年(1780年)、同地で誕生。母は飯岡義斎の長女で歌人の頼梅颸、その妹は尾藤二洲に嫁いでいる。 天明元年(1781年)12月、父が広島藩の学問所創設にあたり儒学者に登用されたため転居し、城下の袋町(現・広島市中区袋町)で育った。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

頼 山陽の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

『日本外史』―幕末のベストセラーを「超」現代語訳で読む


長尾 剛 翻訳 /
PHP研究所 2012-12-07
風雲急を告げる幕末のニッポン。ペリー来航を期に、泰平の眠りを覚まされ、時代の大きなうねりに飲み込まれてしまうのではないかと不安が増すなか、人々にこぞって読まれたのが『日本外史』でした。この本は、平安時

日本外史 上 (岩波文庫 黄 231-1)


頼 成一 翻訳 /頼 惟勤 翻訳 /
岩波書店
『日本外史』(全22巻)は、その対象を頼山陽の生きた武家時代にとり、平氏から徳川氏に至る漢文体の通史である。記述の範を司馬遷『史記』の「世家」にとったが、その巧妙な叙述は「穏当にしてその中道を得るが故

日本外史 中 (岩波文庫 黄 231-2)


頼 成一 翻訳 /頼 惟勤 翻訳 /
岩波書店

頼山陽詩選 (岩波文庫)


揖斐 高 その他 /揖斐 高 翻訳 /
岩波書店

日本外史 下 改訳 (岩波文庫 黄 231-3)


頼 成一 翻訳 /頼 惟勤 翻訳 /
岩波書店
『日本外史』(全22巻)は、その対象を頼山陽の生きた武家時代にとり、平氏から徳川氏に至る漢文体の通史である。記述の範を司馬遷『史記』の「世家」にとったが、その巧妙な叙述は「穏当にしてその中道を得るが故

頼山陽日本政記 (1982年) (頼山陽選集〈4〉)


安藤 英男 編集 /
近藤出版社

渋沢栄一も読んだ 日本外史1


貴重資料研究会 編集 /大町 桂月 翻訳 /
2017-02-17
明治の偉人はどんな書物を読んだのか?渋沢栄一が著書「偉人の教育」で紹介した一冊「日本外史」をすき間時間にでも読めるように編集した。「日本外史」は幼少期より才を発し、

通議 (1977年)


安藤 英男 翻訳 /
白川書院


頼 山陽の著書を検索する

頼 山陽の関連ニュース


頼 山陽のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、頼 山陽と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「頼 山陽」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.