連城 三紀彦

(レンジョウ・ミキヒコ)
連城 三紀彦(れんじょう みきひこ、1948年1月11日 - 2013年10月19日)は、日本の小説家。真宗大谷派の僧侶。本名は加藤 甚吾(かとう じんご) 愛知県名古屋市出身。愛知県立旭丘高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。 1977年「変調二人羽織」で第3回幻影城新人賞(小説部門)を受賞し、同作が探偵小説専門誌『幻影城』1978年1月号に掲載されデビュー。大胆な仕掛けや叙情性溢れる美文体を用いたトリッキーな作風で評価を得る。その後ミステリ的筆致を心理の機微を表現することに応用した恋愛小説を著すようになり、直木賞を受賞した『恋文』以降は大衆小説に執筆の主軸を移した。しかしその後もフレンチミステリ的心理劇や謀略サスペンス、誘拐もの、叙情的な幻想ミステリ、メタミステリなど、多彩なミステリの執筆も行っている。 2002年には『白光』、『人間動物園』とミステリー作品を連続して発表し、話題となった。 若い頃からの映画好きで、大学在学中にシナリオの勉強のため、フランスへ留学した経験を持つ。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第91回 直木賞 / 第9回 柴田錬三郎賞 / 第5回 吉川英治文学新人賞

連城 三紀彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

戻り川心中



講談社

戻り川心中 (白泉社レディースコミックス)


花村 えい子 イラスト /
白泉社

戻り川心中 (光文社文庫)



光文社 2013-03-15
大正歌壇の寵児・苑田岳葉。二度の心中未遂事件で、二人の女を死に追いやり、その情死行を歌に遺して自害した天才歌人。岳葉が真に愛したのは? 女たちを死なせてまで彼が求めたものとは? 歌に秘められた男の野望

小さな異邦人 (文春文庫)



文藝春秋 2016-08-04

小さな異邦人



文藝春秋


連城 三紀彦の著書を検索する

連城 三紀彦の関連ニュース


連城 三紀彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、連城 三紀彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「連城 三紀彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.