隆 慶一郎

(リュウ・ケイイチロウ)
隆 慶一郎(りゅう けいいちろう、1923年〈大正〉12年)9月30日 - 1989年〈平成元年〉11月4日)は、日本の脚本家・小説家(時代小説作家)。本名は池田 一朗(いけだ いちろう)。本名で脚本、隆 慶一郎で小説、を執筆していた。 東京市赤坂区生まれ。旧制同志社中学、第三高等学校を経て、東京大学文学部仏文科卒。 戦時中は学徒出陣で出征、陸軍士官として中国大陸を転戦した。この時期に陣中に持って行った『葉隠』が、作家として『死ぬことと見つけたり』を書くきっかけとなった。終戦後、復学して1948年 東京大学卒業、大学時代に師事していた小林秀雄が参画していた創元社(現:東京創元社)に入社する。短期だが大学講師でも勤務した。1950年頃、立教大学講師、中央大学助教授としてフランス語を、1959年まで教えていた。 1957年 脚本家としての活動を開始する。当初は『陽のあたる坂道』など日活の映画を中心に脚本を手がける。脚本家では、本名の池田 一朗(いけだ いちろう)で活動しており、実際に筆名の隆 慶一郎を名乗って活動したのは、晩年の作家活動期となった約5年間だけである。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第2回 柴田錬三郎賞

隆 慶一郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

影武者徳川家康〈上巻〉



新潮社
影武者徳川家康〈上巻〉 [Jun 01, 1989] 隆 慶一郎

隆 慶一郎の著書を検索する

隆 慶一郎の関連ニュース


隆 慶一郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、隆 慶一郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「隆 慶一郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.