佐伯 一麦

(サエキ・カズミ)
佐伯 一麦(さえき かずみ、1959年7月21日 - )は日本の小説家。本名は佐伯 亨。私小説の書き手として知られる。現在は郷里の仙台市在住。 筆名の「一麦」は、敬愛する画家ゴッホが麦畑を好んで描いたことにちなむ。 来歴・人物 1959年、宮城県仙台市に生まれる。宮城県仙台第一高等学校卒業後に上京し、週刊誌記者や電気工など様々な職業を経験する。1984年、『木を接ぐ』により作家デビューしてからしばらくの間は電気工と作家活動とを両立させる(その間、1980年代末からしばらくは茨城県古河市の配電盤工場に勤務したこともある)。1990年、電気工時代の経験をもとにした作品集『ショート・サーキット』をまとめる。1991年、『ア・ルース・ボーイ』で若くして父親になってしまう青年を描く。 その後、離婚して仙台に帰郷、草木染め作家の神田美穂と再婚する。1995年からの連載『遠き山に日は落ちて』で東北の町での妻との生活を描く。そのころから何度かノルウェーを訪れ、1997年には、妻の留学に付き添いノルウェーに1年間滞在する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第4回 三島由紀夫賞 / 第12回 野間文芸新人賞 / 第60回 野間文芸賞

佐伯 一麦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

猫なんて!



キノブックス

狂人日記 (講談社文芸文庫)


佐伯 一麦 解説 /
講談社

ノルゲ Norge



講談社

ノルゲ Norge (講談社文芸文庫)



講談社 2016-02-12
染色家の妻の留学に同行し、作家はノルウェーに一年間滞在した。光り輝く束の間の夏、暗雲垂れ込める太陽のない冬、歓喜とともに訪れる春。まっさらな心で出会った異郷の人々との触れ合いを縦糸に、北欧の四季、文学

冬の本


装丁:和田誠 その他 /
夏葉社

芥川賞を取らなかった名作たち (朝日新書)



朝日新聞出版 2012-08-01
第一回芥川賞選評で「生活の乱れ」を指摘された太宰治。受賞の連絡を受け、到着した会場で落選を知らされた吉村昭。実名モデル小説を「興味本位で不純」と評された萩原葉子……。「私小説を生きる作家」として、良質

還れぬ家



新潮社

還れぬ家 (新潮文庫)



新潮社 2015-10-28


佐伯 一麦の著書を検索する

佐伯 一麦の関連ニュース


佐伯 一麦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、佐伯 一麦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「佐伯 一麦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.