最澄

(サイチョウ)
最澄(さいちょう)は、平安時代の僧。日本の天台宗の開祖である。近江国(滋賀県)滋賀郡古市郷(現在の大津市)に生れ、俗名は三津首広野(みつのおびとひろの)。生年に関しては天平神護2年(766年)説も存在する。 先祖は後漢の孝献帝に連なる(真偽は不明)といわれる登萬貴王(とまきおう)なる人物で、応神天皇の時代に日本に渡来したといわれている。 中国に渡って仏教を学び、帰国後、比叡山延暦寺を建てて天台宗の開祖となった。 生涯 なお、年齢は神護景雲元年出生説に基づく。 778年(宝亀9年)、12歳のとき近江国分寺に入り、出家して行表の弟子となる。 780年、14歳のとき国分寺僧補欠として11月12日に得度し名を最澄と改めた。 783年(延暦2年)、17歳のとき1月20日に正式な僧侶の証明である度縁の交付を受ける。 785年、19歳のとき東大寺で具足戒を受ける。同年7月、比叡山に登り山林修行に入り、大蔵経を読破。 788年、薬師如来を本尊とする草庵、一乗止観院を建立する。 797年、桓武天皇の内供奉十禅師。 801年、比叡山一乗止観院にて法華十講奉修。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

最澄の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

傍訳山家学生式・顕戒論


台宗研究会 編集 /
四季社
『山家学生式』は、伝教大師最澄が天台宗として独自の戒律上の根本方針を示したもの。他方、『顕戒論』は、比叡山に戒壇を建立することに反対した南都仏教の僧綱に対して、最澄が反論を試みた論争の書。両著作とも、

大乗仏典―中国・日本篇 (第17巻) 最澄・円仁


木内 尭央 翻訳 /
中央公論社

書道藝術 第13巻 最澄嵯峨天皇橘逸勢


中田 勇次郎 編さん /
中央公論新社

伝教大師全集 (1975年)


比叡山専修院附属叡山学院 編集 /
世界聖典刊行協会,日本仏書刊行会

伝教大師全集〈第1-5巻〉 (1927年)


比叡山専修院附属叡山学院 編集 /
)比叡山図書刊行所

伝教大師全集 (索引)



世界聖典刊行協会

日本思想大系 4 最澄



岩波書店

末法燈明記



東派本山教育課

法華秀句



天台宗務庁


最澄の著書を検索する

最澄の関連ニュース


最澄のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、最澄と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「最澄」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.