三枝 浩樹

(サイグサ・ヒロキ)
三枝 浩樹(さいぐさ ひろき、1946年(昭和21年)10月17日 - )は歌人。本名は三枝 亨。河野裕子(1946年 - 2010年)、永田和宏(1947年 - )、小池光(1947年 - )、道浦母都子(1947年 - )らと共に、団塊世代を代表する歌人の一人。 山梨県甲府市生まれ。甲斐市在住。父・清浩(本名:福武)は植松寿樹門下の歌人。五人兄弟の五男。歌人で文芸評論家の三枝昂之は四兄。高校時代、歌誌「沃野」にて植松寿樹に学ぶ。 1965年、法政大学文学部英文学科入学。1967年、法政短歌会を結成、同人誌「風車(ふうしゃ)」を創刊。「日常の視界のかなた何揺らぎつつあらんひと群れの樅そよげるを」。その後、1969年、同人誌「反措定」創刊に参加。1978年、「かりん」(主宰・馬場あき子)に入会。その後、季刊誌「月光」(主宰・福島泰樹)を経て、1992年、三枝昂之、今野寿美らと歌誌「りとむ」を創刊。2003年、「なまよみの歌人懇話会」を発足、代表世話人。2009年、「沃野」に復帰し代表となる。 作品 第1歌集:朝の歌(反措定出版局、1975年) 同文庫版 現代短歌社〈第1歌集文庫〉、2013年 第2歌集:銀の驟雨(大和書房、1979年) 第3歌集:世界に献ずる二百の祈祷(砂子屋書房、1987年)(『現代短歌文庫(1) 三枝浩樹歌集』所収) 第4歌集:みどりの揺籃(花神社、1991年) 第5歌集:歩行者(砂子屋書房、2000年)選集として、『現代短歌文庫(1) 三枝浩樹歌集』(砂子屋書房、1987年)、『現代短歌文庫(86) 続 三枝浩樹歌集』(砂子屋書房、2011年)がある。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

三枝 浩樹の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

三枝 浩樹の著書を検索する

三枝 浩樹の関連ニュース


三枝 浩樹のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、三枝 浩樹と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「三枝 浩樹」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.