最相 葉月

(サイショウ・ハズキ)
最相 葉月(さいしょう はづき、女性、1963年11月26日 - )はノンフィクションライター、編集者。 来歴・人物 東京都生まれの神戸市育ち。関西学院大学法学部法律学科卒(国際法専攻)。広告会社、出版社、PR誌編集事務所勤務を経てフリーの編集者兼ライターとなる。執筆する主なテーマは科学技術と人間の関係性、スポーツ、教育、音楽など。 第4回小学館ノンフィクション大賞を受賞した1998年刊行の『絶対音感』がベストセラーとなる。2007年刊行の『星新一 一〇〇一話をつくった人』は第34回大佛次郎賞、第29回講談社ノンフィクション賞、第28回日本SF大賞、第61回日本推理作家協会賞評論その他の部門、第39回星雲賞ノンフィクション部門を受賞。 編集者としては『季刊子ども学』(ベネッセ教育研究所)で、子どもの逸脱、消費文化、異文化コミュニケーション、震災などを扱っている。 著書 単著 『高原永伍、「逃げ」て生きた! 風の人35年間のバンク・オブ・ドリームス』 徳間書店、1994年7月。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

最相 葉月の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

セラピスト (新潮文庫 さ 53-7)



新潮社 2016-09-28

中井久夫の臨床作法 (こころの科学増刊)


統合失調症のひろば編集部 編集 /
日本評論社 2015-09-09

絶対音感 (新潮文庫)



新潮社
 「絶対音感」とは、ある音を聞いたときに、ほかの音と比べなくてもラやドといった音名が瞬時にわかる能力である。これがあると、一度曲を聴いただけで楽器を弾いたり楽譜に書いたりでき、小鳥のさえずりや救急車の

絶対音感



小学館
 「絶対音感」とは、ある音を聞いたときに、ほかの音と比べなくてもラやドといった音名が瞬時にわかる能力である。これがあると、一度曲を聴いただけで楽器を弾いたり楽譜に書いたりでき、小鳥のさえずりや救急車の

絶対音感 (小学館文庫)



小学館
 「絶対音感」とは、ある音を聞いたときに、ほかの音と比べなくてもラやドといった音名が瞬時にわかる能力である。これがあると、一度曲を聴いただけで楽器を弾いたり楽譜に書いたりでき、小鳥のさえずりや救急車の

セラピスト



新潮社

青いバラ



小学館


最相 葉月の著書を検索する

最相 葉月の関連ニュース


最相 葉月のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、最相 葉月と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「最相 葉月」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.