斉藤 惇夫

(サイトウ・アツオ)
斎藤 惇夫(さいとう あつお、1940年6月20日 - )は、日本の児童文学作家、編集者。新潟県出身。 1940年に新潟県新潟市に生まれる。小学校から高校卒業までを長岡市で過ごす。新潟県立長岡高等学校を卒業後、立教大学法学部法学部に進学。同大卒業後、大手電機メーカーに勤務した。 その後、福音館書店編集部に勤務。長年にわたり児童書籍の編集に携わる。同社編集担当取締役となった。 1970年の処女作『グリックの冒険』で、翌年に日本児童文学者協会新人賞を受賞する。 1972年の『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』で、国際児童年特別アンデルセン賞優良作品に選出される。 1983年には、『ガンバとカワウソの冒険』で野間児童文芸賞を受賞した。 『冒険者たち』はロングセラーとなり、「ガンバの冒険」の題で連続アニメ化された。 また、劇団四季により『冒険者たち ガンバとその仲間』というタイトルで1976年より繰り返し上演されている 。 これらの作品の続編の執筆を望む読者の声は多いが、本人はもともとこれらの作品を三部作として位置づけていたため、続編を執筆することは考えていない。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第21回 野間児童文芸賞

斉藤 惇夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

グリックの冒険



アリス館牧新社


斉藤 惇夫の著書を検索する

斉藤 惇夫の関連ニュース


斉藤 惇夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、斉藤 惇夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「斉藤 惇夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.