斎藤 茂吉

(サイトウ・モキチ)
斎藤 茂吉(さいとう もきち、1882年(明治15年)5月14日 - 1953年(昭和28年)2月25日)は、日本の歌人、精神科医。伊藤左千夫門下であり、大正から昭和前期にかけてのアララギの中心人物。 長女は百合子、次女は晶子。長男は精神科医で随筆家の「モタさん」こと斎藤茂太、次男は精神科医・随筆家・小説家の「どくとるマンボウ」こと北杜夫で、随筆家の斎藤由香はこの北杜夫の娘にあたる。 1882年(明治15年)、守谷伝右衛門熊次郎の三男として、山形県南村山郡金瓶(かなかめ)村(現在の上山市金瓶)に生まれた。 守谷家には、茂吉が小学校卒業後に進学するだけの経済面の余裕が無く、茂吉は、画家になるか寺に弟子入りしようかと考えたが、東京・浅草で医院を開業するも跡継ぎのなかった同郷の医師、斎藤紀一の家に養子候補として厄介になることとなった。上京したのは15歳のときで、途中の仙台の旅館では菓子、もなかを生まれて初めて食べ、「こんなうまいものがあるのか」と思い、夜に到着した東京・上野駅では、「こんなに明るい夜があるものだろうか」と驚いたという。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

斎藤 茂吉の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

万葉秀歌 上 (岩波新書)



岩波書店 2015-01-22
「万葉集入門」として本書の右に出るものはいまだない.万葉の精神をふまえて自己の歌風を確立した一代の歌人たる著者が,約四百の秀歌を選び,簡潔にしてゆきとどいた解説を付して鑑賞の手引きを編んだ.雄渾おおら

【大活字本】万葉秀歌(上) (響林社の大活字本シリーズ)

¥2700 (⇒¥2430
しみじみ朗読文庫 編集 /
響林社 2016-03-17

万葉秀歌 下 (岩波新書)



岩波書店 2015-01-22
「万葉集入門」として本書の右に出るものはいまだない.万葉の精神をふまえて自己の歌風を確立した一代の歌人たる著者が,約四百の秀歌を選び,簡潔にしてゆきとどいた解説を付して鑑賞の手引きを編んだ.雄渾おおら

【大活字本】万葉秀歌(下) (響林社の大活字本シリーズ)

¥2592 (⇒¥2333
しみじみ朗読文庫 編集 /
響林社 2016-03-17

赤光 (岩波文庫)



岩波書店

赤光 (新潮文庫)



新潮社

赤光



東雲堂書店

赤光



東雲堂書店


斎藤 茂吉の著書を検索する

斎藤 茂吉の関連ニュース


斎藤 茂吉のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、斎藤 茂吉と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「斎藤 茂吉」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.