西東 三鬼

(サイトウ・サンキ)
西東 三鬼(さいとう さんき、1900年(明治33年)5月15日 - 1962年(昭和37年)4月1日)は、岡山県出身の俳人。医師として勤める傍ら30代で俳句をはじめ、伝統俳句から離れたモダンな感性を持つ俳句で新興俳句運動の中心人物の一人として活躍。戦後は「天狼」「雷光」などに参加し「断崖」を主宰。本名・斎藤敬直(さいとう けいちょく)。 岡山県苫田郡津山町大字南新座(現在の津山市南新座)、父・敬止、母・登勢の四男として生まれる。家は代々漢学者の家系。1906年、父死去、以後長兄の扶養を受ける。高等小学校時代は条虫にかかり虚弱であった。1918年には当時大流行したスペイン風邪で母が死去し、東京の長兄のもとへ移住。岡山津山中学校(現岡山県立津山高等学校)、青山学院中等部を卒業を経て、同高等部を中退。1921年、日本歯科医学専門学校(現日本歯科大学)に進学、1925年同校を卒業。同年秋に結婚し、長兄在勤のシンガポールに渡り歯科医を開業。1928年、不況による反日運動の高まりと自身のチフス罹患のため帰国し、東京の大森で医院を開業する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

西東 三鬼の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

西東三鬼集 (朝日文庫―現代俳句の世界)



朝日新聞社
昭和59年1刷発行です。経年並の微ヤケはございますが、本文・カバー共、書き込み・折れ・ヨゴレ等はございません。古書としまして良好なコンディションを保っています。丁寧に発送致します。どうぞよろしく。

西東三鬼全句集



沖積舎

西東三鬼全句集



沖積舎

秋の暮



2013-10-22
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

西東三鬼全句集 (1971年)



都市出版社


西東 三鬼の著書を検索する

西東 三鬼の関連ニュース


西東 三鬼のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、西東 三鬼と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「西東 三鬼」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.