坂上 弘

(サカガミ・ヒロシ)
坂上 弘(さかがみ ひろし、1936年2月13日 - )は、日本の小説家。日本芸術院会員。前日本文藝家協会理事長。 来歴・人物 東京生まれ。父は三重県四日市市の出身で当時日本銀行に勤務。母は埼玉県入間郡出身。1942年赤坂区立青南国民学校へ入学。1943年、父の転勤により、熊本市立白川国民学校に編入学。1946年青南小学校に戻る。1948年、父の転勤により、鹿児島市立清水中学校へ入学。父の転勤で再び上京。1950年港区立青山中学校に編入学。1951年東京都立日比谷高等学校へ入学。1954年慶應義塾大学文学部哲学科へ入学。1960年理研光学工業(現・リコー)に入社。 慶大在学中1955年春「三田文学」の編集担当であった山川方夫に小説を書くように勧められ、「息子と恋人」を「三田文学」に発表。同作はこの年上半期芥川賞候補作となった。当時19才で、いわゆる10代候補の先駆けとされた。1959年に「ある秋の出来事」で中央公論新人賞を受賞(芥川賞候補作)。リコー勤務を続けながら作家活動を行い、サラリーマン作家といわれた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第45回 野間文芸賞 / 第43回 読売文学賞小説賞

坂上 弘の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ポイントがよくわかる シンプル歯科薬理学


大浦 清 編集 /坂上 宏 編集 /戸苅彰史 編集 /二藤 彰 編集 /山﨑 純 編集 /
永末書店

愛のごとく (講談社文芸文庫)


坂上 弘 解説 /
講談社

故人



平凡社

展望台のある島


坂上 弘 編集 /
慶應義塾大学出版会

近くて遠い旅



中央公論新社

台所



新潮社


坂上 弘の著書を検索する

坂上 弘の関連ニュース


坂上 弘のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、坂上 弘と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「坂上 弘」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.