堺屋 太一

(サカイヤ・タイチ)
堺屋 太一(さかいや たいち、1935年7月13日 - )は、日本の作家・評論家・元通産官僚・経済企画庁長官(第55〜57代)・元内閣特別顧問。株式会社堺屋太一事務所および株式会社堺屋太一研究所の代表取締役社長。内閣官房参与。様々な博覧会のプロデューサーとしても活動している。 本名は池口 小太郎(いけぐち こたろう)であり、ペンネームの由来は、先祖の商人が安土桃山時代に堺から谷町に移住した際の名前である「堺屋太一」から採ったものである(堺屋は屋号にあたる)。 生い立ち 大阪市生まれ。本籍地は奈良県。父は弁護士。 追手門学院小学校(小学校59期)卒業、大阪府立住吉高等学校入学、高校在学中はボクシング部に所属し、モスキート級の大阪チャンピオンになった。奈良県下の実家から大阪の高校へ長い通学時間をかけて通学した。毎日弁当を作る母に配慮して、ある時から炊いた白米のみを持たせてもらい、毎日学食でそれにカレールーをかけてもらいカレーライスを食べていた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

堺屋 太一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

団塊の後 三度目の日本



毎日新聞出版 2017-04-22

全一冊 豊臣秀長 (PHP文庫)



PHP研究所 2015-03-04

団塊の秋



祥伝社

平成三十年 (上) (朝日文庫)



朝日新聞社
平成30年 上下巻の2冊セットです。

豊臣秀長 上巻



PHP研究所


堺屋 太一の著書を検索する

堺屋 太一の関連ニュース


堺屋 太一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、堺屋 太一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「堺屋 太一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.