酒見 賢一

(サカミ・ケンイチ)
酒見 賢一(さけみ けんいち、1963年11月26日 - )は、日本の小説家。福岡県久留米市出身。福岡県立明善高等学校卒業。1988年、愛知大学文学部哲学科東洋哲学専攻卒業。名古屋市内の住宅設備会社勤務の傍ら執筆活動を行っている。デビュー作『後宮小説』は、架空の中国史小説(王朝も人物もすべて架空で時代も判然としない)風ファンタジーという異色作だったが、その後は実際の中国史から題材をとることが多い。代表作に『墨攻』『陋巷に在り』『泣き虫弱虫諸葛孔明』他。 1989年 - 『後宮小説』で第1回日本ファンタジーノベル大賞受賞 1990年 - 『後宮小説』第102回直木賞候補作に 1991年 - 『墨攻』第104回直木賞候補作に 1992年 - 『墨攻』『陋巷に在り』『ピュタゴラスの旅』で、歿後五十年中島敦記念賞受賞 2000年 - 『周公旦』で、第19回新田次郎文学賞受賞 作品リスト 小説 『後宮小説』新潮社、1989 のち文庫  『聖母の部隊』徳間書店、1991 のちハルキ文庫  『ピュタゴラスの旅』講談社、1991 のち文庫、集英社文庫     『墨攻』新潮社、1991 のち文庫 のち文春文庫 『陋巷に在り』全13巻 新潮社、1992―2002 のち文庫  『童貞』講談社、1995 のち文庫、集英社文庫   『語り手の事情』文藝春秋、1998 のち文庫   『周公旦』文藝春秋、1999 のち文庫 『泣き虫弱虫諸葛孔明』1-4(刊行中)、文藝春秋、2004―14 のち文庫 『分解』ちくま文庫、2010 その他 『中国雑話 中国的思想』文春新書、2007 ISBN 4166605968 メディア原作 アニメ 雲のように風のように 『後宮小説』のアニメ化作品。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

酒見 賢一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

後宮小説(新潮文庫)



新潮社 2014-08-01
時は槐暦元年、腹上死した先帝の後を継いで素乾国の帝王となった槐宗の後宮に田舎娘の銀河が入宮することにあいなった。物おじしないこの銀河、女大学での奇抜な講義を修めるや、みごと正妃の座を射止めた。ところが

後宮小説



新潮社

泣き虫弱虫諸葛孔明



文藝春秋

墨攻(ぼっこう)(1) (ビッグコミックス)



小学館 2014-05-26
▼第1話/革離、易水を渡る▼第2話/革離、宣言する▼第3話/革離、城壁をなおす▼第4話/革離、敵兵を斬る▼第5話/革離、強者をのぞむ▼第6話/革離、武器を作る▼第7話/使者、来たる▼第8話/模擬戦▼第

泣き虫弱虫諸葛孔明



文藝春秋 2012-09-20
三国志といえば“軍神”諸葛孔明。しかし酒見賢一の手にかかると……ヘンな服を着て宇宙哲学を説き、稀代の醜女を娶り(大女で、発明の才あり)、あの手この手で臥竜伝説を作ろうと腐心するセコイ男だった。口喧嘩で

酒見 賢一の著書を検索する

酒見 賢一の関連ニュース


酒見 賢一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、酒見 賢一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「酒見 賢一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.