佐木 隆三

(サキ・リュウゾウ)
佐木 隆三(さき りゅうぞう、本名:小先 良三(こさき りょうぞう)、1937年4月15日 - 2015年10月31日)は、日本の小説家、ノンフィクション作家で、北九州市立文学館名誉館長、九州国際大学客員教授。法廷のルポルタージュでも広く知られる。旧朝鮮咸鏡北道穏城郡生まれ。 両親とも広島県出身で父は農家の出。一旗あげようと田畑を売り払って朝鮮に渡り、佐木も朝鮮で生まれた。 1941年、銀山の所長をしていた父が呉の海軍に召集されたため、一家で日本に引揚げた。父の郷里で広島市から北へ40km、中国山地の山あいの寒村である広島県高田郡小田村(現・安芸高田市甲田町)で育つ。1945年、終戦間際の7月に父がフィリピンミンダナオ島ザンボアンガで戦死。8月原爆のきのこ雲を見る。終戦後は生活困窮のため、広島市へヤミ米を運んだりした。 1950年、母の親戚を頼り八幡市(現・北九州市八幡東区)へ移る。1956年、福岡県立八幡中央高校卒業後、八幡製鐵(現・新日鐵住金)に就職。同人誌などに小説を書き始め、「新日本文学」や「文學界」に発表。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第74回 直木賞

佐木 隆三の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

復讐するは我にあり (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
昭和38年、高度成長に沸く日本国中が震撼した連続殺人事件。言葉巧みに人を騙し、殺し、日本列島を縦断しながら犯罪を重ねる男に対し、警察は史上初の全国一斉捜査を開始した。関係した女、目撃情報は多数あり、立

わたしが出会った殺人者たち(新潮文庫)



新潮社 2015-02-27
犯罪事件を取材して半世紀。幾多の殺人の真相を書き続けてきた作家が、古希を越えた今、これまでの取材を振り返り、殺人者との交流を回想する。拘置監で大粒の涙を見せた無期懲役囚、「自分を小説に書いてくれ」と資

慟哭 小説・林郁夫裁判 (講談社文庫)



講談社 2014-02-07
「私がサリンをまきました」オウム真理教の大幹部「治療省大臣」にして地下鉄サリン事件の実行犯・林郁夫。その告白と慟哭の法廷から、未曾有の無差別殺人事件の全体像が浮かび上がった。文庫化にあたり、書下ろし「

佐木 隆三の著書を検索する

佐木 隆三の関連ニュース


佐木 隆三のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、佐木 隆三と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「佐木 隆三」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.