桜木 紫乃

(サクラギ・シノ)
桜木 紫乃(さくらぎ しの、1965年4月19日 - )は、日本の小説家、詩人。北海道釧路市生まれ。江別市在住。 経歴・人物 釧路市立北中学校卒業。北海道釧路東高等学校卒業。中学生の時に原田康子の『挽歌』に出会い文学に目覚める。高校時代は文芸クラブに所属。高校卒業後、裁判所でタイピストとして勤めたが、24歳で結婚して退職し、専業主婦となる。夫の転勤に従って釧路市、網走市、留萌市などに住む。27歳で男児を出産。2人目の子供(女児)を出産直後に小説を書き始め、原田康子も所属した文芸誌「北海文学」の同人として活動。2007年に『氷平線』で単行本デビュー。 金澤 伊代名義で詩人としても活動しており、詩集も刊行している。 ゴールデンボンバーのファンとしても知られており、直木三十五賞受賞の記者会見では鬼龍院翔が愛用しているタミヤロゴ入りTシャツを着用したほど。のちにラジオ「鬼龍院翔のオールナイトニッポン」で鬼龍院翔とは初対面も果たした。ストリップのファンでもあり、札幌道頓堀劇場に通っていた。 2013年9月25日、釧路市観光大使に任命される。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第149回 直木賞

桜木 紫乃の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ホテルローヤル (集英社文庫)



集英社 2015-07-03
【第149回直木賞受賞作】北国の湿原を背にするラブホテル。生活に諦念や倦怠を感じる男と女は“非日常”を求めてその扉を開く――。恋人から投稿ヌード写真の撮影に誘われた女性事務員。貧乏寺の維持のために檀家

蛇行する月 (双葉文庫)



双葉社 2016-07-22
「東京に逃げることにしたの」。高校を卒業してまもなく、同級生だった順子から清美に連絡が入る。二十も年上の男と駆け落ちするという。故郷を捨て、極貧の生活を「幸せ」と言う順子に、それぞれ苦悩や孤独を抱えた

蛇行する月



双葉社 2014-05-18
「東京に逃げることにしたの」道立湿原高校卒業から二年、図書部の仲間だった順子から深夜に電話がかかってきた。二十も年上の職人と駆け落ちすると聞き、清美は言葉を失う。故郷を捨て、極貧の生活を“幸せ”と言う

ホテルローヤル (集英社文庫)



集英社 2015-06-25

ホテルローヤル



集英社

蛇行する月 (双葉文庫)



双葉社 2016-06-16

蛇行する月



双葉社

風葬 (文春文庫)



文藝春秋 2016-12-16
釧路で書道教室を開く夏紀は、認知症の母が呟いた、耳慣れない地名を新聞の短歌の中に見つける。父親を知らぬ自分の出生と関わりがあるのではと、短歌を投稿した元教師の徳一に会いに根室へ。

風葬 (文春文庫)



文藝春秋 2016-12-01

星々たち (実業之日本社文庫)



実業之日本社 2016-10-06


桜木 紫乃の著書を検索する

桜木 紫乃の関連ニュース


桜木 紫乃のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、桜木 紫乃と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「桜木 紫乃」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.