桜井 徳太郎

(サクライ・トクタロウ)
桜井 徳太郎(さくらい とくたろう、1917年4月1日 - 2007年8月27日)は、日本の民俗学者。 新潟県北魚沼郡川口町出身。1944年に東京文理科大学文学部史学科を卒業、東京高等師範学校助教授、1961年東京教育大学文学部助教授、1973年教授、1977年駒澤大学教授、1983年文学部長、1986年学長、1991年退任、名誉教授。日本民俗学会会長や日本風俗史学会会長も務めた。1962年「地域社会における講の沈着過程の研究」で東京教育大学文学博士。1981年に紫綬褒章、1990年秋、勲三等旭日中綬章受勲。 柳田國男の晩年に門下に入り、1962年には第一回柳田國男賞、2002年には第十二回南方熊楠賞を受賞。専門は、シャーマニズム、民間信仰、他界観など。 市井三郎、鶴見和子らの「思想の冒険」グループのメンバーの一人、近代化論研究や水俣の共同調査などにも参加。東京教育大学の古代史講座では和歌森太郎(歴史民俗学)と同僚で、多くの研究者を育てた。 東京都板橋区在住で、所蔵の書物を板橋区公文書館に寄贈(桜井徳太郎文庫)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

桜井 徳太郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

桜井 徳太郎の著書を検索する

桜井 徳太郎の関連ニュース


桜井 徳太郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、桜井 徳太郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「桜井 徳太郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.