佐野 眞一

(サノ・シンイチ)
佐野 眞一(さの しんいち、1947年(昭和22年)1月29日 - )は、日本のジャーナリスト、ノンフィクション作家。東京都葛飾区出身。 経歴・人物 乾物屋を商った東北出身の父は婿養子で、ただ寡黙に働くために生まれてきたような男だった。男ばかり3人兄弟の長男。初孫だったために粋人の祖父に溺愛され、小学生のころから浅草で酒の味や映画、演芸の享楽を仕込まれた。 早稲田大学第一文学部在学中は映画監督を志し、「稲門シナリオ研究会」に入った。大学卒業後、主に子供向けソノシート制作などを手がけていた音楽出版社・勁文社に入社。1971年12月、自ら編集を手がけ発行した「原色怪獣怪人大百科」がこの当時の第二次怪獣ブームを受け、53万部を完売するという当時としては画期的なベストセラーになったが、労組を結成したため1年半で解雇された。その後、フリーに転身。 1997年(平成9年)、民俗学者宮本常一と渋沢敬三の生涯を描いた『旅する巨人』により第28回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

佐野 眞一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

佐野 眞一の著書を検索する

佐野 眞一の関連ニュース


佐野 眞一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、佐野 眞一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「佐野 眞一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.