佐野 洋

(サノ・ヨウ)
佐野 洋(さの よう、1928年5月22日 - 2013年4月27日)は、日本の推理作家、評論家。本名は丸山一郎。 東京市大森(現・東京都大田区大森)出身。旧制一高に首席合格、東京大学文学部心理学科卒業。1953年、読売新聞社に入社。当初兼業作家だったため、ペンネームは「社の用」にかけて付けた。1959年に新聞社を退社。最も好きな推理作家として英国のアンドリュー・ガーヴの名を挙げている。黒岩重吾に「血や汗を流していない小説」と批判され、「むしろ賛辞と受け止めたい」と返したほど知的遊戯としてのミステリを貫いているが、一方でシリーズ探偵には否定的立場を取り、エキセントリックな犯罪や大掛かりなトリックも排除するなど、ほどのよいリアリズム、中庸さが持ち味でもある。雑誌発表短編を直接文庫本にまとめるケースも多い。短編を一千編以上書き、その多くが文庫化されたが、消費税導入で価格の改定が起きた際に、その多くが再版を止められた。出版社にしてみれば、カバー部分の書き換えを行うよりも、新しい作家のものを出したほうがいいと判断したのだろう、と佐野は回想している。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第1回 日本ミステリー文学大賞

佐野 洋の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

英作文なんかこわくないII 連体修飾編


馬場彰 監修 /
東京外国語大学出版会

あした天気にしておくれ (講談社文庫)


佐野 洋 解説 /
講談社
文庫。中古です。並程度。小口ヤケ有。商品カバーとイメージ画像とに相違がある場合がございます。稀に書き込み、傷み等がある場合がございますのでご了承下さい。過度に状態を気にされる方および中古品に神経質な方

ひと粒の宇宙 (角川文庫)



角川書店(角川グループパブリッシング)

大橋鎭子さんが教えてくれた「ていねいな暮らし」


佐野 華英(タンブリング・ダイス) 編集 /洋泉社編集部 編集 /
洋泉社

推理日記 I (講談社文庫)



講談社 2014-10-31
ミステリーの実作家であり、眼光紙背に徹する読み巧者としても知られる著者が、「推理小説は高級な遊び(エンターテインメント)である」との信念のもとに、数々の名作、傑作の魅力と問題点を摘出。――推理小説には

佐野 洋の著書を検索する

佐野 洋の関連ニュース


佐野 洋のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、佐野 洋と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「佐野 洋」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.