早乙女 勝元

(サオトメ・カツモト)
早乙女 勝元(さおとめ かつもと、1932年3月26日 - )は、日本の作家・児童文学作家。東京都足立区出身。 東京の働く姿を描いた作品が多くまた反戦・平和をライフテーマとする。 1945年3月9日に東京大空襲を経験。 1946年に義務教育を終え、鐘紡附属東京理化学研究所(当時)に少年工として勤務する。かたわら旧制都立第七中学校(現・都立墨田川高校)夜間部に入学。 1952年に「下町の故郷」で直木賞候補。 1962年に音楽大学を卒業したばかりの金子直枝と結婚。直枝は小学校教師となる。 1970年に「東京空襲を記録する会」を結成。 2002年に東京都江東区にオープンした東京大空襲・戦災資料センター館長就任。 ベトナム戦争のときの空爆被害の救援にも力をいれている。山田洋次に「下町の太陽」制作に際してアドバイスをしており、また山田を初めて葛飾柴又に連れて行った。毎年3月9日前後には必ず朝日新聞の投書面「声」に、東京大空襲を忘れてはならぬ旨、投書し採用されている。 著書 『下町の故郷』(1952年、葦出版社) 『ハモニカ工場』(1956年、未來社) 『美しい橋』(1957年、文理書院) 『秘密』(1960年、角川書店) 『ゆびきり』(1960年、理論社) 『小麦色の仲間たち』(1964年、理論社) 『青春の歯車』(1965年、理論社) 『太陽がほしい!』(上・下、1968年、理論社) 『輝坊といっしょに』(直枝と共著、新日本新書・草の根出版会) 『愛と口笛とぼく』(1968年、東邦出版社→『それぞれの愛』に改題、草の根出版会) 『東京大空襲-昭和二〇年三月十日の記録』(1971年、岩波新書、ルポルタージュ) 『あした私は行く』(1972年、理論社) 『わが街角』(1974年~1976年、新潮社、全5巻) 『共働きはラクじゃないよ』(1974年、草土文化→草の根出版会) 『猫は生きている』(1974年、理論社) 『ベトナムのダーちゃん』(1974年、童心社) 『負元物語』(1978年、理論社) 『おトウの子育て』(1980年、学研) 『戦争と青春』(1991年、講談社) 『パパママバイバイ』(原作、門倉訣・詩、鈴木たくま・画、日本図書センター 2001年2月) 1977年に発生した横浜米軍機墜落事件を題材にした絵本。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

早乙女 勝元の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

決定版 東京空襲写真集 アメリカ軍の無差別爆撃による被害記録


早乙女勝元 監修 /東京大空襲・戦災資料センター 編集 /
勉誠出版

猫は生きている (理論社のカラー版愛蔵本)


田島 征三 イラスト /
理論社
東京を焼け野原と化した大空襲。生きのこったのは…。戦争をにくみ、強く平和を願う作家と画家が生みだした迫力ある大型絵本。

穴から穴へ13年―劉連仁と強制連行 (母と子でみる)


早乙女 勝元 編集 /
草の根出版会
概ね良好。付属品につきましては、特に記載の無いものは付属しません。稀に書き込み、傷み等がある場合がございますのでご了承下さい。過度に状態を気にされる方および中古品に神経質な方はご注文をお控え頂けますよ

ハモニカ工場



未来社


早乙女 勝元の著書を検索する

早乙女 勝元の関連ニュース


早乙女 勝元のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、早乙女 勝元と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「早乙女 勝元」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.