早乙女 貢

(サオトメ・ミツグ)
早乙女 貢(さおとめ みつぐ、1926年1月1日 - 2008年12月23日)は、日本の歴史小説・時代小説作家。満州・ハルビン生まれ。本名は鐘ヶ江秀吉、ペンネームは「若い娘に金品を貢ぐ」の意味。慶應義塾大学文学部中退。代表作に吉川英治文学賞を受賞した『會津士魂』など。 生い立ち 曾祖父の為親が会津藩士で、戊辰戦争後にアメリカに渡り、いったん横浜に帰国するがすぐに上海に渡り、一家は中国に住む。1926年1月1日、ハルビン市ポツレヤ街10号3番地4で生まれ、父茂一届出、同月12日ハルビン駐在総領事天羽英二受付、同月28日送付入籍。1946年に九州に引き揚げる。1948年に上京し、1954年頃に山本周五郎に師事、『講談倶楽部』などの倶楽部雑誌や新聞に作品を発表。1955年頃、倶楽部雑誌新人賞受賞者の集まり「泉の会」に所属し、そのメンバー伊藤桂一、尾崎秀樹らと同人誌「小説会議」を1956年に創刊、掲載作の歴史小説「鬼の骨」「叛臣伝」で直木賞候補。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第60回 直木賞 / 第23回 吉川英治文学賞

早乙女 貢の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

会津士魂 全十三巻セット (集英社文庫)



集英社
会津士魂 全十三巻セット

真説 出雲の阿国



読売新聞

会津士魂 七 会津を救え (集英社文庫)



集英社 2013-11-15
会津藩では奥羽鎮撫総督に対し、恭順降伏で藩論の一致をみていた。しかし、総督府では好戦派が幅を利かし、勅諚を振りかざして仙台藩に会津征討を命じる。閏四月二日、理不尽な戦闘の火蓋が切られたが、仙台藩や米沢

早乙女 貢の著書を検索する

早乙女 貢の関連ニュース


早乙女 貢のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、早乙女 貢と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「早乙女 貢」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.