笹沢 左保

(ササザワ・サホ)
笹沢 左保(ささざわ さほ、1930年11月15日 - 2002年10月21日)は、日本の小説家。本名は笹沢 勝(ささざわ まさる)。デビュー当時の筆名は笹沢佐保だが、『招かれざる客』の単行本でデビューした翌年から左保と改めた。 来歴・人物 詩人笹沢美明の三男として東京府にて出生。その後、神奈川県横浜市に移った。郵政省勤務時、芝居の台本を執筆しながらチャンスを待っていたのは、余り知られていない。 テレビドラマ化されて大ヒットした『木枯し紋次郎』シリーズの原作者として知られ、推理小説、サスペンス小説、恋愛論などのエッセイ他、歴史書等も著し、380冊近くもの著書を残した。筆名の左保は、夫人の名前からとったもの。 晩年(1988年以降)は、喧噪からの逃避と療養を兼ねて、紋次郎の出生地三日月村に似た三日月町が実在し、田澤義鋪や下村湖人を輩出した青年団運動の中心地佐賀県に移り住んだ。以後その地で旺盛な執筆活動を継続し、九州さが大衆文学賞(笹沢左保賞)の創設・運営にも携わり後進を育てた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第3回 日本ミステリー文学大賞

笹沢 左保の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

悪魔の部屋 (光文社文庫)



光文社 1985-01-20
「やめて! 堪忍して!」ホテルの一室で、新婚早々の伏島世志子は必死に抵抗するが、中戸川不時は平然と彼女の下着をはぎ取った。誘拐監禁された世志子を襲う、荒々しい凌辱の日々……中戸川の常軌を逸した犯行の目

木枯し紋次郎(一)~赦免花は散った~ (光文社文庫)



光文社 1997-01-20
「人間には一生に一度や二度、計算に合わなくてもやらなればならねえことがあるもんだ」三度笠に汚れた道中合羽、手甲脚絆。頑丈一辺倒の長脇差とトレードマークの長い楊枝。……幼馴染みの兄弟分に裏切られ、罠にお

軍師 竹中半兵衛 上 新装版 (角川文庫)


遠藤 拓人 イラスト /
角川書店 2013-08-24

木枯し紋次郎(三)~六地蔵の影を斬る~ (光文社文庫)



光文社 1997-03-20
「あっしには、かかわりのねえことでござんす」その渡世人の左頬には、古い刀傷の跡がある。さらに彼は唇の左端に十五センチほどの手製の楊枝をくわえている。紋次郎のこのトレードマークは、十二、三年前、彼がまだ

木枯し紋次郎(二)~女人講の闇を裂く~ (光文社文庫)



光文社 1997-02-20
貧しい農家の六番目に生まれた紋次郎は、母親の手で間引きされる運命だった。姉のお光の機転で救われた幼い命は、しかし孤独と虚無を育んでいった。……人を頼るから裏切られる。頼られてしまえば裏切ることもある。

笹沢 左保の著書を検索する

笹沢 左保の関連ニュース


笹沢 左保のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、笹沢 左保と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「笹沢 左保」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.