佐高 信

(サタカ・マコト)
佐高 信(さたか まこと、1945年1月19日 - )は日本の評論家、東北公益文科大学客員教授。週刊金曜日編集委員・株式会社金曜日前代表取締役社長。「ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク」共同代表。先住民族アイヌの権利回復を求める署名呼びかけ人 をつとめる。 山形県酒田市生まれ。父・兼太郎は茜舟(せんしゅう)の雅号を持つ書道家・教師。山形県立酒田東高等学校、慶應義塾大学法学部法律学科卒業。支持政党は一貫して日本社会党(現・社会民主党)である。 1967年に大学を卒業後、郷里・山形県で高校教員となるが、同僚女性(現在の妻)との出会いがあり、前妻と離婚し、1972年に再度上京した。佐高の全面協力により書かれた評伝によると、次のような事情があったという。 「昭和四十二年の春、卒業と共に帰郷して庄内農高の社会科教師となる。ここで三年、教科書はいっさい使わず、ガリ版の手製テキストで通したため“赤い教師”の非難を浴びた、庄内工高に転じて結婚もしたが、同じく“赤軍派教師”のレッテルを貼られる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

佐高 信の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

バカな首相は敵より怖い



七つ森書館

偽りの保守・安倍晋三の正体 (講談社+α新書)



講談社 2016-06-24
吉田茂を源とする自民党主流の政治を追い続けてきた、毎日新聞を代表する“保守本流”政治記者・岸井と、保守と対峙し続けてきた“市民派”論客・佐高が、「本物の保守」とは何かを語り、安倍晋三とその取り巻きたち

大メディアの報道では絶対にわからない どアホノミクスの正体 (講談社+α新書)



講談社 2016-12-23
安倍首相、黒田日銀、御用学者たちによる「チーム・アホノミクス」は、この国をどうしようと目論んでいるのか。大メディアの記者たちは、その目論みに気づいていて報じないのか、それとも気づいていないのか。初顔合

徹底解剖 安倍友学園のアッキード事件


佐高 信 編集 /
七つ森書館


佐高 信の著書を検索する

佐高 信の関連ニュース


佐高 信のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、佐高 信と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「佐高 信」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.