佐藤 亜紀

(サトウ・アキ)
佐藤 亜紀(さとう あき、1962年9月16日 - )は、日本の小説家。新潟県栃尾市(現長岡市)出身。 夫は、1993年に「イラハイ」で日本ファンタジーノベル大賞を受賞した佐藤哲也。 栃尾市立栃尾中学校、新潟県立長岡大手高等学校を経て成城大学文芸学部卒業。同大学院文学研究科博士前期課程(修士課程)修了。専攻は18世紀美術批評。大学院修了後の1988年 - 1989年にはロータリー財団奨学金を得て、フランスに留学。 1991年、『バルタザールの遍歴』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞。以後『戦争の法』『鏡の影』などの作品を主に新潮社より発表するが、1999-2000年頃に『鏡の影』が絶版になると、著書の版権を引き上げ同社との関係を断つ。(詳細は後述) 2002年に5年ぶりの長編『天使』を上梓し、第53回芸術選奨新人賞(平成14年度) 受賞。2004年にはその『天使』の姉妹編である『雲雀』、2006年には初の評論集となる『小説のストラテジー』を刊行した。2007年刊行の「ミノタウロス」は高い評価を受け、第29回吉川英治文学新人賞、2007年「本の雑誌が選ぶノンジャンルのベストテン」1位を受賞した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第29回 吉川英治文学新人賞

佐藤 亜紀の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

スウィングしなけりゃ意味がない (角川書店単行本)



KADOKAWA / 角川書店 2017-03-02
1939年ナチス政権下のドイツ、ハンブルク。軍需会社経営者である父を持つ15歳の少年エディは享楽的な毎日を送っていた。戦争に行く気はないし、兵役を逃れる手段もある。ブルジョワと呼ばれるエディと仲間たち

吸血鬼



講談社

吸血鬼



Tamanoir 2016-05-01
1845年オーストリア領ガリチア。帝国最貧地域の寒村ジェキに新任の役人ヘルマン・ゲスラーが、年若い妻エルザを連れて赴任する。待ち受けていたのは貧困に喘ぐ村人と、ポーランド独立の夢を捨てきれないまま領地

バルタザールの遍歴



Tamanoir 2016-04-01
黄昏のウィーンから灼熱のマグレブへ。肉体を一つしか持たない双子の酒に溺れた遍歴。1991年新潮社刊行作品の現行最新版。2016年6月14日一部誤字を改訂。

天使



Tamanoir 2016-01-01
二十世紀初頭、義父を失い孤児となったジェルジュ・エスケルスは、特異な「感覚」故に、オーストリア帝国の諜報機関を指揮する「顧問官」に引き取られる。2004年文藝春秋社刊行作品の現

天使 (文春文庫)



文藝春秋


佐藤 亜紀の著書を検索する

佐藤 亜紀の関連ニュース


佐藤 亜紀のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、佐藤 亜紀と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「佐藤 亜紀」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.